プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

YKK株式会社

「YKKファスニングアワード」第20回開催・第1次審査結果発表

応募総数5,865点から、第1次審査通過者50名を決定

2020年7月20日
YKK株式会社

     
 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大谷裕明、以下YKK)とYKKスナップファスナー株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:河野俊樹)は、学生対象のファッションデザインコンテスト「YKKファスニングアワード」(以下 本コンテスト)を毎年開催しています。
 本コンテストではYKKのファスニング商品(ファスナー・バックル・スナップ&ボタン)を使用し”小さなパーツ”の新たな可能性を見出す「人が身に着けることができる作品」を募集するものです。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007162113-O2-Ed21mfRb
 2001年から毎年開催し、第20回目となる本コンテスト。募集部門はアパレル部門・ファッショングッズ部門の2部門で、全国のファッションやデザインを学ぶ学生からの応募総数は5,000件超となる、学生を対象とした日本最大級のファッションデザインコンテストです。
 過去19回の本コンテスト受賞学生は、卒業後に企業への就職やブランドを立ち上げるなどアパレル業界で活躍しています。
 今回は全国から総数5,865点(アパレル部門4,398点、ファッショングッズ部門1,467点)のご応募をいただきました。
 募集は2020年4月1日(水)~6月25日(木)の期間でエントリーシートおよびデザイン画による提案を募集し、アパレル業界の第一線で活躍する以下の6名の審査員による第1次審査が行われました。7月16日(木)に第1次審査通過者50名(アパレル部門30名、ファッショングッズ部門20名)が決定しましたのでお知らせします。
 YKKは、未来を担う学生の作品制作機会を創出し続けることで教育活動とアパレル業界の発展に寄与してまいります。

■「YKKファスニングアワード」概要
 2001年に第1回を開催し今年で第20回を迎える本コンテストは、学生を対象とした日本最大級のファッションデザインコンテスト。「人が身につけることができる作品」をテーマに、ファスナー・バックル・スナップ&ボタンといった“小さなパーツ”を審査の対象アイテムとし、この特性を十分に活かしたYKKファスニング商品の「新たな可能性」を感じさせる作品を募集しています。
公式Webサイト: https://www.ykk.co.jp/fa

【審査員】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007162113-O3-so7ag5Ha】 
(左から)
坂口 英明 デザイナー/モデリスト
舘鼻 則孝 アーティスト
冨永 愛  モデル
廣川 玉枝 ソマルタ クリエイティブディレクター/デザイナー
藤田 恭一   デザイナー
村手 謙介 アーバンリサーチ バイヤーズセレクト ブランドマネージャー

■開催の目的
本コンテストは、以下3点を主な目的としています。
1. ジャパンオリジナルの発信によるアパレル業界への貢献
2. 作品制作機会創出とアパレル・ファッション業界のプロフェッショナルとの接点を提供することによる学生支援
3. 本コンテストを通じたYKKファンづくりによるブランド強化と将来のビジネスパートナーの創出
およびファスニング事業のタグライン“Little Parts. Big Difference.”に込められたメッセージを伝え、学生とともに副資材の可能性を見出していくこと 
                                                                  
【第20回開催にあたり】
 今回は新型コロナウイルスの影響から例年通りの開催が難しい状況でしたが、近年学生向けのコンテストが減るなか学生の作品制作機会を創出し続けていくためにも本コンテストの継続を強く願い、第20回の開催を決定いたしました。記念すべき第20回では、副賞といたしましてJUKI株式会社よりJUKI製ミシンをご提供いただきました。

■第20回記念副賞
●グランプリ副賞:JUKI製ミシン(協力:JUKI株式会社)     
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007162113-O10-e1fk6E2K】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007162113-O11-E082u52o

副賞ご提供のきっかけ
JUKI株式会社とYKK株式会社は、2017年1月より両社がもつ技術・知識を活用したミシンやファスニング商品の共同開発を進めています。そのご縁から、より魅力的な副賞としてJUKI製ミシンをご提供いただけることになりました。

製品紹介:HY-SPEC (SL-700EX)
工業用ミシンの技術を取り入れた縫いの安定感と家庭用ミシンの手軽な操作性を兼ね備えた「職業用ミシン」の最高峰です。柔らかい薄地から、皮革や帆布などの厚地まで、生地を選ばず美しく仕上げられ、芸術性の高い作品を具現化します。
https://www.juki.co.jp/household_ja/products/list/semipro/sl700ex.html

 なお、本コンテストは新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、ご応募いただいた学生の安全確保を最優先に考慮した対策のもとに今後のスケジュールを予定しています。開催内容は今後の状況に応じて一部変更となる可能性もございますのでご了承ください。最新情報は公式WebサイトやInstagramアカウントにて随時発信してまいります。

【第20回「YKKファスニングアワード」募集内容】
■募集部門
アパレル部門        (メンズ・レディース・キッズ)
ファッショングッズ部門 (バッグ・靴・帽子・ベルト・スカーフ・マフラー・アクセサリーなど)

■賞と副賞
 本コンテストでは、受賞作品として選出される最大8点に賞・副賞をご用意しています。内容は以下の通りです。
●グランプリ
・ 各部門1作品
・ 賞金100万円、トロフィー、創作活動用YKKファスニング商品無償オーダー権利
●優秀賞
・ 各部門1作品
・ 賞金20万円、トロフィー、創作活動用YKKファスニング商品無償オーダー権利
●特別賞(審査員特別賞・YKK特別賞に該当する場合選出)
・ 各部門2作品
・ 賞金10万円、トロフィー、創作活動用YKKファスニング商品無償オーダー権利

■第1次審査通過者
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007162113-O13-ccCy0k6j

 
                                             以上

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ