プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Chargifi

Chargifiの新しいタッチレス会議室体験を提供し、従業員の安全な仕事への復帰を支援

AsiaNet 84827 (1152)

 
【サンフランシスコ、ロンドン2020年7月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*新しいタッチレス会議室ソリューションのChargifi for Roomsはポストコロナの職場として従業員に安全な会議室体験の信頼を提供する

クラウド接続のワイヤレス充電技術の大手プロバイダーであるChargifiは、その種のものでは初となるタッチレス会議室ソリューションを発表した。これは従業員の仕事への復帰、そして協業スペースの利用においてさらなる安心感をもたらす助けとなるものだ。この「Chargifi for Rooms」は室内体験を自動的に始動するタッチレスワイヤレス充電をライトステータス・インジケーターと一体化したものだ。このソリューションには優れた会議室予約とスケジュールのソフトウエアが統合されており、チェックインがすぐに行えて、一回の流れるような動作でビデオ会議などの室内体験を開始できる。

一例としては、Chargifi for RoomsとEnvoyの統合である。Envoyは素晴らしい体験や製品の採用を犠牲にすることなく職場をより安全にするツールの構築に重点を置く職場プラットフォームのプロバイダーである。職場に復帰してきた従業員は清潔で安全な部屋を見つけて予約することができる。使用可能で清潔な部屋をグリーンの光の環が示すからだ。会議室に入った従業員は、彼らのスマートフォンをワイヤレス充電スポットに置くだけでチェックインと場所の予約ができる。同時に、会議を迅速・効率的に始めるため、こうした動作によって事前予約されたビデオ会議が開始される。空間プランナーは部屋の使用と占有に関する貴重なデータを取得できるため、使用されていないスペースを開放して可用性を向上する助けとなる。

Envoyのワークプレース&テクノロジー責任者、Matt Harris氏は従業員と空間プランナーのための共同ソリューションの価値について「Chargifiはタッチレス・チェックインとワイヤレス充電を結び付けることで部屋の予約体験を新たなレベルに引き上げ、顧客ならびに職場復帰を計画する従業員の安全なタッチレス体験の構築でわれわれを支援する。この統合によって職場のチームは、インフラストラクチャーに新たなデバイスを加えることなくスペースの使用と占有のデータを取得することもできる」と述べた。

世界規模のパンデミックは空間プランナーに新たな課題を突き付け、モビリティー、柔軟な勤務体系、そして少ない混乱で空間をより円滑に使う方法といった、既に発生していたトレンドの多くを加速した。いま、身体が接触する場所を減らすこと、そしてスペースが清潔で安全に使用できるという明確な意思疎通を従業員との間で確実にすることに重点が置かれている。

ChargifiのDan Bladen最高経営責任者(CEO)は「会議はこれまでより安全でタッチレス、かつ生産的でなければならない。ソーシャルディスタンスによって減ることになる部屋の収容能力はニーズを増加させ、タッチレスの自動チェックインから得られる信頼性の高い占有データは清潔で安全な部屋の利用可能性を向上する上で重要だ。タッチレス技術を展開する企業は、安全性に妥協することなく優れたスペースを提供する適切なステップを踏んでいることをスタッフに示している」とコメントした。

Chargifi for Roomsは本日22日から購入できる。Chargifi for Roomsは顧客の好みの部屋スケジュール・ビデオ会議ソフトウエアと統合する、完全にエンドツーエンドの会議室ソリューションである。Chargifi LightRingは2020年第3四半期に入手可能となる予定。

編集者注:
*ChargifiとEnvoyは8月6日(木)午前9時(太平洋標準時)/午後5時(英国夏時間)、「新型コロナウイルスに安全なタッチレス会議体験を可能にする方法」に関するウェビナーを開催し、空間プランナーが直面する課題について、ならびにこの独自ソリューションが職場に復帰する従業員の信頼に寄与する方法について討議する。ウェビナーはchargifi.comで登録を。

*Chargifi for Rooms + Envoyを開始するのは簡単だ。Chargifi Starterパックを購入し、無料Envoy Roomsの最大10ライセンスを獲得しよう。

▽Chargifiについて
タッチレス体験とダイナミックな勤務体系が職場の将来である。体験は安全である必要があり、仕事は柔軟でなくてはならない。人々の向かう場所に、力がついてくる必要がある。

Chargifiは現代の企業の職場がスマートで便利なワイヤレス電力を大規模化することを可能にする。それはモバイルデバイスを単に充電するだけにとどまらない。当社のソリューションは便利な電力を提供しながら、空間における安全でタッチレスの体験を実現する。

Chargifiの空間利用分析は行動の理解を支援することにより、空間からより多くのことを得ることで空間プランナーに貢献する。勤務体系と掃除スケジュールの情報も知らせるため、従業員に勤務の安全性と満足感を保証できる。各タッチポイントでユーザーの空間での関与が示されるので、結果として高価な不動産を最適化する上で職場体験と効率性の推進につながる。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1216279/Chargifi_Green_Light_Ring.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1216281/Chargifi_Logo.jpg

ソース:Chargifi

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ