プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トリナ・ソーラー(Trina Solar Co., Ltd)

トリナ・ソーラーがVertex 600Wシリーズモジュールを発表、550Wシリーズは今年後半に量産へ

AsiaNet 84835

トリナ・ソーラーがVertex 600Wシリーズモジュールを発表、550Wシリーズは今年後半に量産へ

【常州(中国)2020年7月21日PR Newswire】Trina Solar Co., Ltd (以下「トリナ・ソーラー」または「同社」)は、最大出力600Wとなる2つの次世代Vertexシリーズモジュールの発売を発表した。今年の最終四半期には、550Wシリーズの量産化が実現する見込み。

シリコン、ウエハー、セル、モジュール、トラッカー、インバーター、資材、機器のメーカーを代表する出力600W以上を有するPhotovoltaic Open Innovation Ecological Allianceの産業バリューチェーンを構成する上流、中流、下流の代表企業数社が、発表イベントに参加し、新しい次世代のVertexシリーズモジュールの発表に立ち会った。

トリナ・ソーラーの製品戦略兼価値管理担当責任者であるZhang Yingbin博士はイベントで、「210 mmのシリコンウエハー、高密度パッケージング技術、マルチバスバー技術など、多くの将来性のある革新によって強化された次世代Vertexモジュールは、21%を超える光電変換効率を実現しました。低電圧と高モジュールストリング出力によって、新しいVertexシリーズは、BOS(周辺機器)コストのさらなる削減に向けて大きな可能性を引き出します。業界チェーン全体の主要なプレーヤーと協力することにより、新しい技術プラットフォームをベースに開発されたVertexモジュールが、さまざまなアプリケーション全体のエネルギーの均等化発電コストを削減し、顧客価値の最大化に役立つとわれわれは考えています」と述べた。

次世代Vertexシリーズモジュールには、次の3つの主要な利点がある。ダメージレスカッティング、高密度実装、マルチバスバーの各技術の組み合わせ、低電圧とモジュールストリングごとの出力を35%以上向上、そしてシステムバランスコストを大幅に削減する大きな価値だ。

トリナ・ソーラーの副本部長件執行副社長であるCao Bo氏は「包括的な機能を備えた市場で、優れた高品質のモジュール製品を作るために、当社は業界チェーン全体の各プロセス、つまりモジュールの出力を改善して発電量を増やすことによって顧客向けの価値を最大化する最終的な目標を考慮に入れる必要があります。新しく将来性のある技術プラットフォームをベースに構築された次世代Vertexシリーズが、太陽光発電業界チェーン全体の主要なパートナーから評価されたことを光栄に思います。出力600W以上のPhotovoltaic Open Innovation Ecological Allianceのメンバーの一員として、トリナ・ソーラーは業界他社と協力して、このセクターの持続可能な開発を促進することに専念します」と述べた。

画像リンク: https://www.trinasolar.com/sites/default/files/vertex_600.jpg 
(画像説明:トリナ・ソーラーがVertex 600Wシリーズモジュールを発表、550Wシリーズは年内に量産へ)
画像提供:トリナ・ソーラー

▽  トリナ・ソーラー(SH証券コード:688599)について
トリナ・ソーラーは、1997年に創立された太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションの世界有数のプロバイダーです。同社は、太陽光発電関連製品の研究開発、製造および販売、太陽光発電所の開発、EPC、O&M、スマートマイクログリッド、マルチエネルギーシステムの開発および販売、ならびにエネルギークラウドプラットフォームの運営管理をおこなっています。2018年にトリナ・ソーラーはエネルギーのIoTブランドを立ち上げ、中国国内外のトップ企業や研究機関と共同で、Trina Energy IoT Industrial Development Allianceを設立し、New Energy IoT Industry Innovation Centerを設立しました。パートナーのみなさまと共にエネルギーIoTのエコシステムを構築し新エネルギーのIoTの革新的な基盤作りをするために全力で取り組んでいます。2020年6月10日、トリナ・ソーラーは上海証券取引所科創板(Sci-Tech innovation board)でA株を新規発行し、「スター・マーケット」という名称でも知られる上海証券取引所科創板に上場した最初の太陽光発電関連製品・システム、および、スマートエネルギーの企業となりました。

詳細については、http://www.trinasolar.com/jpをご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ