プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCL Huaxing Optoelectronic Technology

TCL CSOTとJOLEDの資本業務提携で印刷方式OLED量産実現を加速

AsiaNet 84834

TCL CSOTとJOLEDの資本業務提携で印刷方式OLED量産実現を加速

【深セン(中国)2020年7月20日PR Newswire】
最近、TCL華星光電技術有限会社(以下、TCL COSTと略称)の印刷及び曲げられるフレキシブルディスプレー研究開発・生産拠点プロジェクトが「広州市2020年重点建設予備項目計画」に参入しました。当該項目のトータル投資額は460億元で、最新世代ディスプレー生産ラインの立ち上げに主眼を置き、2021年から2023までに完成する予定です。

印刷方式OLED量産実現を加速するために、TCL CSOTは株式会社JOLEDに300億円を投資する予定です。両社は印刷方式OLED分野で緊密的に技術提携しながら共同開発を行います。TCL CSOTは第三者割当増資により株式会社JOLEDと技術的検証から印刷方式OLED量産実現まで全方位での技術提携関係を築いていきます。

真空状態下で発光材料を気化し基板上に成膜する蒸着式OLEDと違い、印刷方式OLEDは液体の発光材料をプリンターのように精密に基板上に塗布します。材料損が少なく効率的な生産ができますので、印刷方式OLEDの製造コストは蒸着式OLEDより2-3割程度削減できると期待されています。

5G通信、人工知能、IoTなど新技術の発展に伴い、スマートウェアラブル、スマートビジネス化、スマート家電製品、スマート車載など新しい分野での応用が激増し、フレキシブルで曲げられる特性を併せ持つ中大型サイズ印刷方式OLED製品は幅広く応用されることを期待されています。印刷方式OLEDは量産実現できれば、コストパフォーマンスが優れていることから市場参入を加速するとともに、OLED製品も激しい競争を勝ち抜くことができると確信しています。

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ