プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Esaote S.p.A.

Esaoteがドゥカティ・チームとMotoGP 2020グランプリの再開初戦に“参戦”

AsiaNet 84811 (1146)

 
【ジェノバ(イタリア)2020年7月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*7月19日(日)、スペインのヘレスデラフロンテーラで
*Esaoteとドゥカティ・コルセ(Ducati Corse)は、性能革新とイタリアンスタイル中心のパートナーシップを確認

世界的なCOVID-19危機をきっかけに長く中断されていたオートバイのロードレース世界選手権、MotoGP 2020グランプリの再開初戦が2020年7月19日(日)午後2時(CEST)、スペインのヘレスデラフロンテーラで開催される。

無観客で行われるこのイベントで、ドゥカティチーム(Ducati Team)の公式ドライバー、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Andrea Dovizioso)、ダニーロ・ペトルッチ(Danilo Petrucci)両選手、および、Esaoteのロゴが飾られた彼らのバイクが復帰する。

EsaoteのFranco Fontana最高経営責任者(CEO)は「このような一流チーム、ブランドと参戦できて喜んでいる。われわれは全員、段階的な日常復帰の次の1歩を象徴するこのイベントを待ち望んでいた。テレビのライブ中継経由ながら、ここ数カ月なされた多大な努力を一般市民と共有する機会でもある。Esaoteは危機の間、イタリア内外の医療サービスを精力的に支援しており、今やこのイベントに積極的に参加できて誇りに思う。イノベーション、デザイン、情熱はわれわれがドゥカティと共有する基本的価値観であり、われわれが世界の舞台で競い合うことができる価値観である」と語った。

医療用画像診断システム部門の世界的リーダーであるEsaoteは、このようにドゥカティ・チームの公式パートナーという立場を確認し、R&D、技術、イタリアンスタイルの卓越性に向けて努力する。

Esaote Groupは超音波、専用MRI、医療ITに特に重点を置くバイオ医療機器部門のリーダーである。約1150人の従業員を抱えるEsaoteは、ジェノバを拠点にイタリアとオランダに生産・研究施設を所有、80カ国に展開している。www.esaote.com

アウディグループ企業のドゥカティ・モーター・ホールディングS.p.A.(Ducati Motor Holding S.p.A.)はアウディの運営・管理下にある。

1926年創業のドゥカティは1946年以降、革新的デザインと最先端技術を結合したデスモドロミックエンジン搭載のスポーツバイクを生産している。2016年に創業90周年を迎えたドゥカティはボローニャのボルゴパニガーレに本社があり、MotoGP世界選手権とスーパーバイク世界選手権に公式参加している。2003年から参戦しているMotoGPでは2007年シーズンにコンストラクター&ドライバーチャンピオンになり、スーパーバイク世界選手権ではコンストラクター17回、ドライバー14回のタイトルをそれぞれ獲得した。www.ducati.com

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1215760/Ducati_Desmosedici_GP_2020_Esaote.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/557501/ESAOTE_Logo.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1215759/Ducati_Corse_Logo.jpg

ソース:Esaote S.p.A.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ