プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

“人” 基点でのプランニングでテレビ広告評価を進化

- People Driven TV Planningで業種別のマーケティングターゲット区分に基づくテレビ広告の提案を推進 -

2020年7月16日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長 五十嵐 博、以下「電通」)は、高度化するテレビ視聴率データから、広告主のマーケティングターゲット(顧客像)を詳細に抽出・可視化し、そのターゲットがどれだけ視聴しているかという視点でテレビ広告枠を評価する新サービス「People Driven TV planning」を推進します。これにより、電通は“人”起点でのテレビCM出稿提案を強化していきます。

 現在テレビの視聴データは、性年代カテゴリ―だけでなく、視聴者に関する趣味、嗜好、特性などの詳細プロフィールを匿名取得・分析することが可能です。People Driven TV Planningでは、電通が推進している“人”基点によるマーケティング「People Driven Marketing®」の考え方をテレビのCM出稿計画にも適用しました。広告主の商品・ブランドのマーケティングターゲットを描き、彼らがどのような番組を視聴しているのかを可視化し、テレビ広告枠の評価・提案を行います。

 マーケティングターゲットの可視化が可能なデータ処理ツールPeople Profilerでテレビの視聴率測定データに加え、テレビパネルによるPC、スマートデバイスの接触状況、アンケートデータなどをまとめて活用することで、より精緻なターゲット・プロフィールを設定します。スポット広告出稿の検討には、放送局・曜日・時間帯別にターゲット層の視聴の多寡を可視化したPeople Driven TV Heatmap、タイム広告(番組提供)出稿の検討には各層の視聴率を集計したPeople Driven TV ratingを活用し、適切な枠で適切なターゲットに届く精度の高いテレビ広告を提案します。

 例えば、「流通業」のテレビ広告プランニングでは、「大型総合スーパーマーケット」「ドラッグストア」「家電量販店」の各業態を週1度以上利用すると回答した3つのマーケティングターゲット階層が視聴するテレビ枠を抽出します。この「流通業態3階層」に加え、今回は「携帯電話7階層」「自動車4階層」「ECアプリ4階層」「コンビニ4階層」「ビール類6階層」「金融業3階層」の7業種向けの汎用階層をあらかじめ用意しました。今後は、広告主の要望に応じ、さまざまな業種別階層の追加やマーケティングターゲット階層の増強を実施していく予定です。

 電通は今後も広告主のニーズに対応した“人”基点でのテレビプランニングのソリューションを開発・提供してまいります。

<People Driven TV planning提案のフレーム>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007142032-O1-2N17qus6

                                以上

【本事業に関する問い合わせ先】
株式会社電通 ラジオテレビビジネスプロデュース局 
テレビ業務推進部 石渡 
スポット業務推進部 福岡
ビジネス推進部 川崎
Email:peopledriven-time@dentsu.co.jp 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ