プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

UL

ULがWHOの新たな認定を受け、ワクチン保存技術の進歩を支援

AsiaNet 84773 (1128)

【ベンガルール(インド)2020年7月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*COVID-19ワクチンのリリースに備えたワクチン保存ニーズの急増を想定した世界保健機関(WHO)認定済みの試験は、冷凍OEMが全体的なワクチンの有効性に影響を与える冷凍の信頼性と温度の不変性を保証するのに役立つだろう

安全科学の世界的リーディングカンパニー、ULは、インドのグルグラムにある冷凍研究所が、世界保健機関(WHO)からワクチンの保存に使用する冷凍機器の指定第三者試験機関に認定されたと発表した。これには、冷蔵室、冷凍室、太陽光発電の冷蔵庫と冷凍庫、冷却剤パックおよび関連機器が含まれる。WHOの認定を受けたことで、ULは冷蔵室、冷凍室、関連機器と冷却剤の現場での設置や試運転までの完全な品質保証試験が実施できるようになった。

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/325015/ul_enterprise_logo.jpg

ULの認定は、WHOの性能・品質・安全性(PQS)プロセスの一環である。PQSは、WHO加盟国や国連の購入機関が予防接種プログラムで使用するのに適していることを保証するため、製品とデバイスを事前認定している。製品やデバイスは、PQSデータベースに追加される前に試験を受けなければならない。検証試験では、特定メーカーの特定製品が該当するPQS性能仕様の要件を満たしているかどうかを確認する。WHO認定を受けたULは、性能、品質、安全性を検証するためこうした試験を実施する。ULは、WHO当局者にUL冷凍研究所が国際的または国内的に受け入れられている然るべき実施の基準または規則に準拠した機能を有していることを実証した後、冷凍機器およびデバイスのPQS認定を得た。

ULは、世界中の研究者がCOVID-19ワクチンの開発に取り組んでいるタイミングで認定された。パンデミックを終わらせるのに十分な予防接種を生産、配置することは、史上最大の医薬品生産活動の1つになるだろう。これを達成するため、製薬会社、納入業者、政府、非営利組織は、必要となる大量のCOVID-19ワクチンを取り扱うサプライチェーンの準備に追われている。ワクチンのサプライチェーンには、ワクチンの内容物を生産するだけでなく、生産から患者に届くまでワクチンの品質を維持する温度管理のできる保存も含まれる。小児病の予防接種プログラムに使用されるものを含め、ワクチンを正しい温度に保つことができないと、組成の劣化、変色、損傷、微生物の増殖を引き起こす可能性がある。

ULのTodd Denison副社長兼電化製品・冷暖房空調設備・照明部門担当ゼネラルマネジャーは「世界中の何十億人もの人々がCOVID-19ワクチンを待ち望んでおり、政府機関、製薬会社、医療機関は世界中でワクチンのコールドチェーン機能を拡大していくことになるだろう。ワクチンの有効性を維持し、患者に意図した効果をもたらせる環境で大量のワクチンを保存することが、COVID-19の蔓延を断ち切る鍵となる。ULが世界保健機関(WHO)の認定試験所の1つとして認められ、世界の公衆衛生の総合対策で重要な役割を果たせることは光栄だ」と語った。

WHO認定を受けたULは、WHOの新たな製品規格に基づく太陽光発電冷凍装置の試験も実施する。信頼できる送電網がない開発途上国で、太陽光発電冷凍装置はワクチンの有効性にとって不可欠と考えられている。

ULのSuresh Sugavanam副社長兼南アジア・サハラ以南アフリカ担当マネージングディレクターは「世界保健機関の冷凍製品の事前認定に対する姿勢は、選ばれた機器やデバイスなら、現場の状況に適した特定の性能、品質、安全基準、さらに製品の耐用期間を通してユーザー、患者、環境に害を与えない揺りかごから墓場に至る安全特性を満たすことを意味している。ULの認定は、製品がこうした仕様に合致していることを保証すると同時に、世界の予防接種保存インフラの信頼性強化にも役立つ」と語った。

▽ULについて
ULは、科学を応用して安全性、セキュリティー、持続可能性の課題を解決することで、より良い世界の創造に貢献している。当社は、革新的な新製品や技術の安全な採用を可能にすることで信頼を高めている。ULの全員が、世界をより安全な場所にするという情熱を共有している。独立した研究と基準開発から、試験と認証、分析とデジタルソリューションの提供に至るまで、当社の業務全てが世界中の幸福の向上に役立っている。企業、業界、政府、規制当局、一般市民は当社を信頼し、より賢明な意思決定ができる。詳細は https://UL.com を参照。当社の非営利活動の詳細は https://UL.org を参照。

▽報道機関問い合わせ先
Poornima Chandrashekaraiah
Regional Marketing – South Asia UL
T: +91-80-4138-4400 ext. 64588
E: poornima.chandrashekaraiah@ul.com

Steven Brewster
UL
E: steven.brewster@ul.com

ソース:UL

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ