プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

REEオートモーティブ

REEオートモーティブのEVプラットフォーム技術 2020年ブルームバーグNEF(BNEF)パイオニア賞を受賞

AsiaNet 84767

REEオートモーティブのEVプラットフォーム技術はeモビリティーの未来を担う「ゲームチェンジャー」2020年ブルームバーグNEF(BNEF)パイオニア賞を受賞

イスラエル・テルアビブ, 2020年7月14日 – REEオートモーティブ(REE)は電子プラットフォームによるeモビリティー革新のリーダー的企業で、今回2020年のブルームバーグNEF(BNEF)パイオニア賞を受賞しました。世界のビジネスと金融情報関連ニュースを提供する有名メディアであるブルームバーグは、REEを革新的な事業を展開する10社の一つとして選出しました。今回の受賞は、REEが発明したEVプラットフォームの功績を称えるものです。これは完全にフラットで拡張性が高いモジュール化されたプラットフォームで、顧客は現在や将来のニーズに合わせて自由自在に、多種多様なEVや自動運転車をデザインすることができるようになります。ティア1企業と独自の提携ネットワークを持つREEの新しいプラットフォーム手法では、何百もの製造ラインにアクセスすることが可能です。こうした特徴全てが、REEが低二酸化炭素経済を先導し、牽引していく企業であることを示しています。

BNEF賞は今年で11年目を迎える由緒ある賞です。自動車業界の専門家達が、世界中の応募企業の中から10社のBNEFパイオニア受賞企業を選出しました。候補企業はそれぞれ、事業拡張性に富んでいるか、技術やビジネスモデルの斬新さ、市場への新鮮さ、そして商品開発努力により販売に向けての素地が整っているか、という3つの厳しい基準に照らして審査されました。

ブルームバーグNEFの審査委員長兼戦略責任者であるマイケル・ウィルシャー氏は、「REEはまさに『車輪を再発明する』革新的な手法で従来のやり方を一新していると言えます。彼らはその持てる知性と情熱をシャーシのホイールアーチ1つ1つに込めることで、斬新、柔軟かつモジュール化された電子プラットフォームを創り出し、顧客に対して全く新しい自分のオリジナル車両をデザインする自由を提供しているのです。」とコメントしています。

REEのCEO兼共同創設者であるダニエル・バレル氏は、「今回2020年のBNEFパイオニアとして認めていただいたことを嬉しく思います。これまでの常識を覆す車輪コーナーモジュールやシャーシデザインを搭載したことで、REEプラットフォームはEVの空間最適化、自動運転対応、そして製造時間の短縮に成功しただけではなく、お客様が柔軟かつ費用対効果の高い自動車を自分で好きなようにデザインできるという自由さを実現しました。我々の革新的手法と、今すぐにでも生産を開始することができるeモビリティー技術が、BNEFの専門家たちに受け入れられたことを誇りに思います。」と述べています。

自動車デザイン業界の常識を打ち破る、革新的なREEのREEcornerモジュール(特許取得済み)は、あらゆるドライブトレイン、駆動装置、サスペンション、そしてステアリングの部品をホイールアーチ内に集約しました。完全にフラットで自動運転対応のEVプラットフォームを搭載する、今までに無かったバイワイヤコントロールシステムが、現在だけでなく、将来に渡ってeモビリティーの実用化に備えます。このモジュールを利用すれば、車内空間を広くすることができ、車両全体をより自由にデザインできるだけでなく、所有コストも大幅に削減することができます。例えば、各REEcornerは1時間以内に取り替えることが出来るので、車両のメンテナンス時間を劇的に短縮することができます。

世界のEV市場は2019年には1620億ドルの規模でしたが、2027年には8030億ドルに上ると予想*されています。その中で、REEは自動車産業の変革を牽引していく役割を担っています。同社の技術の商用化に向けてすでに受注もあり、REEはその技術を市場に届けるべく、ティア1の自動車製造企業など世界中の提携業者と広く独自の戦略的ネットワークを構築しています。

REEオートモーティブ:eモビリティーの明日を担う次世代のEVプラットフォーム

REEオートモーティブはeモビリティー技術を革新し、電子プラットフォーム業界を牽引する企業です。REEは伝統的な考え方にとらわれず、完全にフラットで拡張性が高くモジュール化された次世代EVプラットフォームを開発することで、顧客に対して様々なEV車両や自動運転車両をデザインする自由さを提供しています。これにより顧客は、例えばラストマイル配送、MaaS(サービスとしての移動)、軽量から重量までのEV運送、そしてロボットタクシーといった、現在・将来の用途に対応した自動車を構築することができます。

REEcornerは、従来の自動車の部品(ステアリング、ブレーキ、サスペンション、電気モーター)全てをホイールアーチに統括する技術です。これにより、完全にフラットでモジュール化された電子プラットフォーム・REEboardの搭載が可能になります。REEの手法は費用対効果が高く、車両デザインの自由度、パッケージ最適化、エネルギー効率向上、製造時間の短縮、ADAS対応、メンテナンス費用の削減、グローバルな安全基準への適合性など、顧客に多くの利益を提供することができます。

数百の生産ラインを背後に構える選りすぐりのティア1サプライヤーから成るパートナーネットワークが、REEをeモビリティーの未来を担うにふさわしい、次世代のEVプラットフォームに作り上げます。
詳しくは、www.ree.autoをご覧ください。

ブルームバーグNEFについて

ブルームバーグNEF(BNEF)は、クリーンエネルギー、次世代交通システム、デジタル産業技術、先端材料、およびコモディティに関する一次調査を提供する大手プロバイダーです。世界6大陸を拠点とする専門家チームが、世界で最も洗練されたデータセットを駆使して、明確な見解や鋭い予想を導き出し、業界を変容させるトレンドやテクノロジーの影響を金融、経済、そして政策の観点から案出します。BNEFでは、19,000名のスタッフから成るグローバルネットワークが世界176箇所から毎日5,000本のニュース記事をお届けしており、オンライン、モバイル、ターミナルでコンテンツをご利用いただけます。詳しくは、https://about.bnef.com/をご参照になるか、こちらhttps://about.bnef.com/contact/ )からお問い合わせください。

*ソース: https://www.alliedmarketresearch.com/electric-vehicle-market

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1202171/REE_BloombergNEF_Award.jpg
Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1202172/REE_BloombergNEF_Award_2020.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1171041/REE_Automotive_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ