プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

I3 BioMedical Inc.

トロント大学の試験がコロナウイルスを非活性化する初のマスクを確認

AsiaNet 84745 (1113)

【ミラベル(カナダ・ケベック州)2020年7月14日PR Newswire=共同通信JBN】i3 BioMedical Inc.は14日、トロント大学の科学者チームがCOVID-19を引き起こすSARS-CoV-2ウイルスはTrioMed Activeマスクに触れると再生できないことを実験で確認したと発表した。マスクの外表面が数分内にコロナウイルスの99%以上を非活性化する。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1213779/I3_BioMedical_Inc__University_of_Toronto_Tests_Confirm_First_Mas.jpg

TrioMed Active Mask IIR型医療用マスクはTrioMed技術を取り入れ、医療従事者と一般人に高い水準の有効な保護を提供する。特許権のある抗菌技術が、国際的に販売されている創傷被覆材、医療用のテープ、手袋、帽子、ガウン、その他の個人用防護品など同社の全医療用商品の核心にある。

American Journal of Infection Controlに掲載された研究は、人々が1時間に平均23回、顔に触れるとした(注1)。Lancet Microbeに掲載された研究によると、COVID-19を起こすコロナウイルスはマスクの外部に最大7日間、存在し、感染力を維持する(注2)。マスクに触れることによる自己汚染に関する政府当局の警告に加え、これら2件の科学的発表は、現在流通しているマスクの全利用者の保護水準に大きな欠陥があることをあらためて示している。

i3 Biomedical Inc.のPierre Jean Messier創業者兼最高経営責任者(CEO)は「TrioMed Active MaskはCOVID-19を起こすウイルスを非活性化することが科学的に証明され、着用者の汚染リスクを劇的に減らす初めてで唯一の呼吸保護用品である。当社はこの双方向抗菌技術の開発に何年も、何百万ドルも費やした。その成果の商品は世界中の医療界で利用され、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、E-Coli(糞便系大腸菌群)、黄色ブドウ球菌、インフルエンザウイルス、そして現在SARS-CoV-2のような多くの病原菌を殺すことが独立の研究所によって確かめられた。この第三者の科学的試験は、COVID-19に対する世界の闘いで利用可能な医療用抗菌技術におけるTrioMedの主導的な立場を確認している」と語った。

TrioMed Activeマスクの特徴と利点は次の通り:

*マスク外層の有効な抗菌保護がSARS-CoV-2ウイルスとインフルエンザウイルスH1N1の99%以上を非活性化
*ウイルスろ過効率(VFE)99.9%以上
*細菌ろ過効率(BFE)99.9%以上
*ASTM F2100(医療用マスク素材条件)レベル3に適合
*欧州医療機器基準EN 14683 Type IIRに適合
*保存有効期間5年

▽i3 BioMedical Inc.について
i3 BioMedicalはカナダの企業で、感染と疾患の拡大防止に役立つ新規の抗菌商品の開発・製造が専門である。

(注1)Kwok YL, Gralton J, McLaws ML. Face touching: a frequent habit that has implications for hand hygiene. Am J Infect Control. 2015;43(2):112-114.
doi:10.1016/j.ajic.2014.10.015

 
(注2)Chin A W H, Chu J T S, Perera M R A, et al. Stability of SARS-CoV-2 in different environmental conditions. Lancet Microbe 2020; published online April 2. https://doi.org/10.1016/S2666-5247(20)30003-3.

 
TrioMed Activeマスクの詳細はwww.triomed.com を参照、または以下の電子メール送信:triomed@triomed.com ; media.relations@utoronto.ca

ソース:I3 BioMedical Inc.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ