プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Invivoscribe, Inc.

Invivoscribeが医薬品開発の新部門を立ち上げ

AsiaNet 84771 (1125)

【サンディエゴ、サフロンウォルデン(英国)2020年7月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*急性骨髄性白血病治療のためDomainexと小分子阻害剤でライセンス契約

精密診断分野の業界パイオニアでグローバルリーダーであるInvivoscribe, Inc.(インビボスクライブ)は、完全統合型医薬品開発エンジンの立ち上げを発表した。この新たなエンジンは、診断開発における社内の専門知識と世界中の患者や臨床検査機能へのアクセスを組み合わせ、医薬品の開発を加速する。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1019746/Invivoscribe_Logo.jpg 

Invivoscribeの治療薬部門は14日、同社がDomainex Ltdの前臨床分子と関連小分子に関する技術を導入したことも明らかにした。Domainexは、成長著しい安定した英国の総合創薬サービス企業で、斬新かつ独自の技術を活用し、ターゲットにしづらい酵素に対する初の小分子プログラムを開発した。Invivoscribeはライセンス契約に基づき、Domainexが生み出した特定分子を急性骨髄性白血病を含む血液悪性腫瘍治療用の経口免疫療法剤として開発、商品化する。本契約の全体的な財務的側面には、最終的な商品のロイヤルティーをはじめ、医薬品開発、薬事申請、商品化の各段階ごとの前払い金とその後の目標達成報奨金が含まれる。

Invivoscribeの最高科学責任者(CSO)兼最高経営責任者(CEO)であるJeffrey Miller氏は、以下のように語った。
「Invivoscribe Therapeuticsの立ち上げは、Invivoscribeにとって明白な次のステップだ。当社は、創薬、前臨床開発をリードし、薬学の方向性を示してきた何十年もの経験を有する医薬品開発専門家の特別チームを編成した。彼らは、あらゆる候補選択段階を経て小分子をヒト臨床試験に持ち込むことに精通している。彼らは、製薬各社が世界中で自社の医薬品の販売許可を得られるよう当社で試験を実施してきた長年の経験を持つ当社の診断、バイオインフォマティクス、および薬事申請チームと、腫瘍患者がいつでも利用できる当社のLabPMM臨床研究施設の国際ネットワークの一員になった。Domainexとの交流は当社にとって非常にプラスになるものばかりで、彼らが発見した分子には感銘を受けている」

DomainexのCEOであるTom Mander博士は、以下のように付言した。
「このライセンス契約は、治療薬になる潜在力のある分子を生み出すDomainexの広範な能力を反映したものだ。Invivoscribeが、医薬品開発から最終的な認可、商業化までこのプログラムを前に進めることに投資を決断してくれたのを喜んでいる。この契約は、創薬サービス事業を急成長させ、パートナーのパイプラインを充実させるという当社の戦略に沿ったものだ。このプログラムに取り組んでくれた当社の科学者全員に感謝し、その過程で受けたサポートにも謝意を表したい。Jeffrey Miller氏と彼のチームのプログラムと彼らが立ち上げた新部門の成功を祈っている」

▽Invivoscribeについて
Invivoscribe(インビボスクライブ)は25年以上にわたり、Precision Diagnostics(精密診断)(R)による生活改善に注力、標準化された試薬、試験、バイオインフォマティクスツールを開発し、160カ国の700以上の顧客に販売することで、精密医療分野を前進させてきた。Invivoscribeはまた、国際的な臨床試験のサポート、コンパニオン診断薬の開発・商品化、薬事申請サービスと臨床検査サービス両方の専門知識の提供により、製薬会社と協力して新薬や新たな治療法の承認を加速させ、世界の健康に大きな影響を与えてきた。配布可能な試薬、キットや対照群へのグローバルアクセスと、国際的な臨床ラボ子会社(LabPMM)を介した臨床試験サービスを提供する能力があることが証明済みのInvivoscribeは、理想的なパートナーであることを実証してきた。詳細については、customerservice@invivoscribe.com からInvivoscribeに問い合わせるか、www.invivoscribe.com を参照。

▽Domainexについて
Domainexは、世界中の野心的なライフサイエンス組織と協力している、受賞歴のある優れた総合医薬品研究サービスパートナーである。当社は2001年以来、新たな研究基準を設定し、製薬会社やバイオテクノロジー企業、患者財団、主要な学術機関と協力してきた。

当社は、革新的でカスタマイズされた生物学および化学サービスを提供し、ターゲットの発現から前臨床開発候補の指名まで、パートナーの疾患研究プロジェクトを前進させている。Domainexと連携することで、パートナーの研究が成功する可能性が最大化され、当社のアプローチにより、業界平均と比較して新薬発見にかかる時間を常に最大30%節約できる。当社は、革新的な科学と広範な技術的能力により、商業的潜在力の高い新たな疾患治療薬を生み出すことができる。当社は顧客と緊密に協力し、顧客の願望を理解し、当社のアイデア、ノウハウ、豊富な経験を彼らのプロジェクトに生かしている。

当社の非常に有能で経験豊富な研究科学者の専門チームには、他の追随を許さない幅広い知識、幅広い技術へのアクセス、そして60を超える特許出願や数多くの候補薬の発明など研究課題の解決でイノベーションに成功してきた確かな実績がある。当社は、成果の効率的かつ迅速な提供を目指し、医薬品研究で可能な限り高いベンチマークを設定している。

Domainexと受賞歴のある当社サービスの詳細については、www.domainex.co.uk を参照。

ソース:Invivoscribe, Inc. 

▽問い合わせ先
Domainex
Dr Tom Mander
E: tom.mander@domainex.co.uk

メディア向け問い合わせは以下まで
Sciad Communications
Deborah Cockerill / Juliette Craggs / Victoria Deaner
T: +44(0)20 3405 7892
E: domainex@sciad.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ