プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

AIによる自律飛行型ドローンを開発するSkydio社への出資について

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之、以下、NDV)は、同社が運用するファンドを通じて、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydio, Inc(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、CEO:Adam Bry、以下、Skydio社)に出資を行いました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006241263-O2-qFuGtiVp

ドローンは、コンシューマ向けの普及に加え、近年では法人向けにおいても点検・農業・空撮および物流などの分野で利用され始めており、今後も様々な産業でさらなる活用が期待されています。一方で、ドローンの操縦においては、機体を正しく飛行させる技術の習熟や訓練期間が必要であり、こうした負担を軽減する技術的解決策が求められていました。

Skydio社は、創業者たちの10年以上にわたる自律飛行に関する取り組みをもとに、機体に搭載した複数の専用カメラで周囲を把握しつつAIで自律飛行するドローン及びアプリケーションを開発・販売しています。本機能により、指定した人物や専用ビーコンを自動追尾・撮影するほか、手動操作時においても障害物を認識し、衝突の360°自動回避を実現しています。また、この空間認識技術により、GPSが使えない屋内等の環境においても、安全な飛行が可能となります。

Skydio社の自律飛行・衝突回避技術は今後ドローンのさらなる利用拡大を進めていく上で重要な要素になると期待していることから、今回の出資に至りました。本出資によってNDVはSkydio社のビジネスを支援していくとともに、ドコモと連携しながら様々な産業におけるドローンの活用推進に向けた取り組みを進めてまいります。

【参考】ドコモとSkydio社のドローンなどを活用した協業検討に関するプレスリリース
 https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/01/22_01.html

■Skydio, Inc.について
会社名 Skydio, Inc.
所在地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州レッドウッドシティ
代表者 Adam Bry
事業内容 自律飛行型ドローンの開発・販売
URL https://www.skydio.com/

※掲載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

Skydio社のドローン「Skydio 2」

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ