プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

McKay Brothers International

McKay Brothersが米イリノイ州・釜山間、東京・釜山間に最も低いレイテンシーでの帯域幅サービスを開始

AsiaNet 84743 (1112)

 
【ジュネーブ、東京2020年7月13日PR Newswire=共同通信JBN】McKay Brothers International(MBI)は、釜山向けの史上最も低いレイテンシーのプライベート帯域幅サービス拡張を発表した。同社は、米イリノイ州・釜山の間、および東京・釜山間のハイブリッドマイクロ波/ファイバー・プライベート帯域幅サービスを開始した。両方のサービスとも、史上最も最も低いレイテンシーで提供されている。

McKayのアジアディレクターであるTad Beckelman氏は「韓国金融市場は常に地元トレーダーの強力なグループによって支えられてきた。直近の国際企業の関心の高まりは、グローバルな金融市場としての重要性を増している。市場参加者にとり、レイテンシーが最も低い通信へのアクセスは極めて重要である」と語った。

MBIのマネジングディレクターであるFrancois Tyc氏は「当社の創立原則は、いかなる会社もMcKayの最高のレイテンシーに加入できるということである。韓国市場で取引を行う企業に最も低いレイテンシーの通信を提供できることをうれしく思う」と語った。

McKayは、低レイテンシーサービスのグローバルリーチを一貫して拡大してきた。同社のアジアで最初のハイブリッド無線/ファイバーネットワーク(東京・シンガポール間)は2016年にオープンした。その後拡大し、香港と上海向けのコネクティビティーを提供している。MBIのアジアで最も低いレイテンシーのサービスは、同社子会社のJosada Telecommunicationsを通じてすべての加入者に提供されている。

▽McKay Brothers International, SAについて
McKay Brothers International SAは世界の金融市場で取引を行う企業向けマイクロ波ベースのコネクティビティーとサービスの大手プロバイダーである。同社は、アジアと欧州で長距離マイクロ波およびハイブリッドマイクロ波/ファイバーネットワークを運営し、欧州、アジア、北米の主要取引所グループ発信の厳選された市場データを配信している。

ソース:McKay Brothers International

▽問い合わせ先
contact@mckay-brothers.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ