プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

IARD - International Alliance for Responsible Drinking

International Alliance for Responsible Drinking: 大手ビール、ワイン、スピリッツメーカーのCEOが団結

AsiaNet 84645

International Alliance for Responsible Drinking: 大手ビール、ワイン、スピリッツメーカーのCEOが団結 安全で賑わうカフェ、バー、レストラン文化を取り戻し、生命、暮らし、地域社会の保護を支援

ロンドン2020年7月4日/PRNewswire/ — 新型コロナウィルスの世界的大流行により、世界は人々の命を守りながら暮らしと地域社会を守るという前例のない困難に直面しています。世界が効果的な対応を行うためには、社会全体が団結し協力して取り組むことが不可欠です。

世界で最も象徴的で人気のあるビール、ワイン、スピリッツのブランドオーナーとして、私たちは全世界で雇用している数十万人もの人々、および農業・製造・物流・小売・ホスピタリティ分野にわたるバリューチェーンの中で私たちが支援している数百万のビジネスへのコミットメントを維持しながら、この世界的な取り組みを支援する役割を果たす決意です。

ホスピタリティ分野は、世界中のシャットダウンにより最も深刻な影響を受けている分野の一つですが、今までこれほど価値が見直され惜しまれたことはありません。カフェ、レストラン、バーの突然の閉鎖により、いかに多くの生活がこれらの場所に依拠していたかというだけでなく、地域社会の社会機構や精神的な幸福度にとって極めて重要であったことが浮き彫りになりました。

バーやレストランでの交流は、友人や家族と過ごす時間に次いで、ロックダウン期間になくなって困ったものに挙げられています。https://www.iard.org/press/ALMOST-ONE-IN-THREE-DRINKERS-CONSUMING-LESS-ALCOHO )私たちの多くにとって、これら二つには密接な関係があります。実際に人との交流の機会や喜びは非常に高く評価されており、多くの人々が今まで以上の支出をしてもバーやレストランで飲食を楽しむ気持ちがあり、このことは、地域社会が人々の身体的健康とともに社会的な健康を大切にしていることを明確に示しています。

全ての主要パートナーと協力することで、私たちは現在直面している不確実な時代にも関わらず、安全で盛況なカフェ、バー、レストラン文化の再構築を支援することが出来ます。社会全体が取り組むことで、多くの人々に惜しまれている快適な環境を再び作ることが出来ます。

IARDの個々の企業のビジネスはさまざまですが、多くの共通の価値観を共有しています。私たちは皆、自社の製品に誇りを持っています。我々の製品を選んでくれた人たちにとって楽しく心に残る体験になるよう、自社の製品が責任を持って消費されることを望みます。

私たちは有害な飲酒を望みません。有害な飲酒は消費者、私たちがサービスを提供する地域社会にとって、そして最終的には私たちのビジネスにとってもマイナスになります。ビンジドリンキング、飲酒運転、未成年者飲酒は、世界の多くの地域で長期にわたり減少していますが、私たちがすべきことはまだまだあります。

各国で飲食店の営業再開が認められる中、私たちは飲食業界やその他のビジネスパートナーと共に、適切な物理的距離確保の施策を支援します。また、自社のマーケティング、責任あるサービスの促進、サーバートレーニングプログラムも活用して、人々が楽しみたいと思っている安全で社交的な雰囲気を脅かす有害な飲酒の防止に協力します。さらに酒類製品のオンライン販売や宅配の急増を認識し、今年1月に発表した電子商取引の国際基準の策定とオンラインマーケティング、販売、配達に関する保護機能の開発を加速し、デジタルプラットフォームや配送に関わる事業者の協力を促していきます。

このパンデミックから脱却が進む中、私たちが取り組みの基準を高め、生命・暮らし・地域社会を守るためにできることをさらに理解してもらうために、各国政府、国際機関、専門家、市民社会と建設的な対話を継続していきます。

私たちは、社会的な健康にとって非常に価値がありかつ重要な、カフェ、バー、レストラン文化の賑わいや繁栄を取り戻すために、地域社会への惜しみない協力をします。

加盟企業:アンハイザー・ブッシュ・インベブ(Anheuser-Busch InBev)、アサヒグループホールディングス、バカルディ(Bacardi)、ビームサントリー(Beam Suntory)、ブラウン=フォーマン(Brown-Forman)、カールスバーグ(Carlsberg)、ディアジオ(Diageo)、ハイネケン、キリンホールディングス、モルソン・クアーズ(Molson Coors)、ペルノ・リカール(Pernod Ricard)、ウィリアム・グラント&サンズ(William Grant & Sons)

PDF – https://mma.prnewswire.com/media/1199694/International_Alliance_for_Responsible_Drinking.pdf
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/715226/IARD_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ