プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

武漢開発区宣伝部

武漢開発区がエピデミック後の投資プロモーションで約900億元を呼び込む

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007081804-O1-XS8KQx32

AsiaNet 84684 (1084)

【武漢(中国)2020年7月7日新華社=共同通信JBN】武漢は7月1日、中国南部の経済ハブ、深センでエピデミック後初の大規模投資プロモーション活動を開催した。2カ所の市場エンティティは、次世代自動車、人工知能、自動車アフターマーケットなど総額890億元の13プロジェクトに調印した。武漢開発区宣伝部( The Publicity Department of Wuhan Development Zone)によると、これらのプロジェクト調印は、武漢開発区のユニークな投資の利点を際立たせ、エピデミック後の同地域の回復加速、および資本と英知を集めるための新たなハイランド(高地)の創出に新たな活力を吹き込んでいる。

イベントが開催された深セン・蛇口区にあるヒルトンホテルは8日、ゲストで賑わった。武漢開発区の責任者であるPeng Hao氏は同地域の投資の利点について詳しく紹介し、特に科学技術イノベーション本部拠点を強調した。

参加企業には、Sky-well New Energy Automobile Group Co. Ltd.、Sunac China Holdings Limited、ファーウェイ、および同地域に本社を置く工業、不動産などの部門の大手企業の上級管理職が含まれている。

武漢開発区は、中国中央部と西部で強力な総合的競争力を持つ国家開発区である。年間100万台超の自動車と1700万台超のエアコンを生産する武漢開発区は、武漢の産業・経済開発の主要な場所、エンジン、柱である。武漢開発区は近年、産業変革と高度化を継続的に推進し、多様な産業支援システムを開発し、投資プロモーションと資本導入を強化してきた。統計によると、過去3年間で、同地域は1億元を超える252件、契約総額6821億元の主要プロジェクトを締結してきた。これには、世界のFortune 500企業が投資した49件のプロジェクトと、中央管理された国有企業(SOE)が投資した33件のプロジェクトが含まれている。

武漢開発区の将来の変革とアップグレードおよび高品質開発の中核分野として、同地域の科学技術イノベーション本部は、計画と建設を加速しつつある。長江と南太子湖の近くに位置するこの拠点は、優れた地理的条件、輸送条件、インフラ条件を誇っている。

関連する計画によると、同拠点は、本部の経済、科学的研究開発、および業界導入の観点からのスマート製造に焦点を当てることを目指している。協力の機会は、Fortune 500企業、大規模な中央SOE、大手民間企業、業界リーダー、大規模多国籍企業、有名大学や研究機関に開かれている。次世代自動車、スマートホーム、スマート製造、テスト、設計などの新興産業の発展が脚光を浴びるだろう。この拠点は、中国中部に面し、中国全土に放射する近代的な本部経済集積地域を形成し、産業研究開発機関のクラスターと国家産業インキュベーション加速プラットフォームを確立することを目的としている。

計画とレイアウトの面では、武漢開発区科学技術イノベーション本部拠点が「水」を軸とし、1つの軸が6つの湖を結び付け、3つのベルトが4つの部門を接続する全体的な空間構造を創出する。

中央ベルトは、富の集積、科学技術のイノベーション、および生態学的開発の各部門を結合し、本社事業、研究開発、スマート製造、ウオーターフロント事業を促進する。拠点はオフィス、研究開発テスト、商業用・住宅用の機能を備える。意思決定をR&Dおよび産業用アプリケーションと結び付けることにより、この拠点はハイエンドの産業クラスターと専門家を引き付けよう。

武漢開発区への招待は、深センの起業家から拍手と称賛を得た。

Baoneng GroupのZhang Jinshun副会長は「武漢は、国内の大企業やグループが全国的な存在感を求めている限り、当然の投資先である。当社は武漢に関し楽観しており、武漢への投資を継続する」と語った。

China Merchants Shekou Industrial Zone Holdings Co,.Ltd.のゼネラルマネジャーであるJiang Tiefeng氏は「武漢には非常に良い投資環境があり、人々は極めて熱心である。 武漢への投資は安全な賭けである」と語った。

多くの起業家が武漢開発区との全面的な協力を強化して共通の開発を求め、ウィンウィンの結果を達成する用意を表明した。

人工知能産業に焦点を当てるShenzhen Galaxy Industry Groupは、China Construction Second Engineering BureauおよびWuhan Real Estate Groupと協力して、武漢開発区の国際知的港湾の建設に投資し、中国の大学ベンチャーキャピタル研究機関(中国中部支部)、国立起業家精神研究所、インキュベーターである武漢大学起業家マネジャートレーニングベース、ファッションショッピングストリート、およびCOCO PARKフェーズIなどのプロジェクトを構築する方針である。

次世代自動車では、深センを拠点とする自動運転スタートアップのDeepRouteが、武漢開発区にインテリジェントなインターネット接続自動車向けの生産拠点、R&Dテストセンター、オペレーションセンターを建設する。同社はまた、中核部品の技術的変革と商用パイロット操作を実行するためのL4レベルの自動運転アルゴリズムの詳細な学習技術の開発に関連する技術チームを編成した。深センに本社を置く自動運転のスタートアップ、AutoXは、武漢開発区に中国中部地域事業本部を設置する。同社の自動運転車20台の第1陣は武漢開発区の都市道路を走行する。

China Science and Technology Development Institute(中国科学技術開発研究所)は科学技術イノベーション促進のため、武漢開発区にイノベーション・起業家精神サービスプラットフォームと産業用エンジンプラットフォームを構築する方針である。この投資プロジェクトは、研究所の科学的・技術的イノベーション力とその他のリソースの利点を最大限に活用し、インテリジェントなインターネット接続自動車、産業用ロボット、新素材、新エネルギーなどの戦略的新興産業を目指している。高品質のチームやプロジェクトを国内外で紹介、育成し、イノベーションと起業家精神のための優れたエコロジカルな環境を創出し、4年以内にそれを国家インキュベーターに組み込む取り組みが行われよう。R&F Groupは、産業の成長と都市開発の統合という開発コンセプトに沿って、武漢開発区に科学技術イノベーションセンターを建設し、科学的および技術的イノベーション産業、イノベーションのアイデア、新たな人材を集める特徴的な産業実証エリアを創出する方針である。

China Zhengtong Groupは自動車サービス市場に焦点を合わせ、子会社と関連当事者の有利なリソースを集めて統合し、同グループのウエルス決済センター、Dongzheng金融センター中国中部本社拠点、Zhengtong物流本社拠点などいくつかの主要プロジェクトを建設し、導入する方針である。同社は自動車アフターマーケットに産業クラスターを構築し、ベンチマークのハイエンドオフィスエリア、企業の本社拠点、金融街、さまざまな商業支援産業およびフォーマットを開発、導入し、多角的な都市空間の創出を目指している。

Peng Hao氏は、武漢開発区は最善の政策を打ち出し、最高の環境を創出し、投資家に最高のサービスを提供するだろうと語った。同地区の新たな研究開発、イノベーション、起業家精神に関して、オールラウンドのサポートが提供される。包括的な人材サービスと、子供の教育、住宅購入、医療に関する特別政策支援が提供される。武漢開発区は、サービスメカニズムを改善し、対象を絞ったサービスを提供することにより、同地区に投資し、働く企業や人材の優れた世話人となる。

ソース: The Publicity Department of Wuhan Development Zone

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=366877
写真説明:深センに拠点を置く企業と武漢開発区との間で結ばれた投資プロジェクトの調印式が深センで行われる

深センに拠点を置く企業と武漢開発区との間で結ばれた投資プロジェクトの調印式が深センで行われる
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ