プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富山市

「富山ガラス大賞展2021」の作品募集のお知らせ

7月7日

富山市

「富山ガラス大賞展2021」の作品募集を開始します。

本展は、世界における現代ガラス芸術の最新の成果を集め、その発展に貢献するために開催されるトリエンナーレ形式の国際公募展です。2018年に、世界46の国と地域から1,110点の応募があった初回に次いで2度目の開催となります。造形表現の新たな展望を開く作品の応募をお待ちしています。

■募集期間 2020年7月1日(水)~2020年12月10日(木)

■応募資格
国籍、年齢問わず応募できます。

■出品料
無料

■応募方法
富山ガラス大賞展2021公式ウェブサイトの応募フォームに進み、必要事項の入力を行ってください。
詳細は、ウェブサイトをご覧ください。

■賞
大賞(Grand Prize)                                  1点   (副賞300万円)
金賞(Gold Prize)                                      1点   (副賞100万円)
銀賞(Silver Prize)                                   5点    (副賞20万円)
審査員特別賞(Special Judges’ Prize)           2点     (副賞10万円)

■審査員(アルファベット順、敬称略)
【1次審査(作品画像審査)】 2021年2月20日(土)および21日(日)
ダイアン・C・ライト(トレド美術館暫定理事、ガラス装飾美術担当上級学芸員)
伊東 順二(富山市ガラス美術館名誉館長、東京藝術大学社会連携センター特任教授、美術評論家)
渋谷 良治(富山市ガラス美術館長)
島 敦彦(金沢21世紀美術館長)
スザンヌ・J・ヨンソン(デンマーク王立美術院企画ディレクター)
ザン・リン(上海ガラス博物館、創立者、館長兼執行総裁)

【2次審査(実作品審査)】 2021年4月17日(土)および4月18日(日)
秋元 雄史(東京藝術大学美術館館長・教授、練馬区立美術館館長、美術評論家)
デビン・マティス(アーバングラス事務局長)
伊東 順二(富山市ガラス美術館名誉館長、東京藝術大学社会連携センター特任教授、美術評論家)
スージー・J・シルバート(コーニングガラス美術館、近現代ガラス学芸員)
スヴェン・ハウシュク(フェステ・コーブルク・アートコレクション館長、ヨーロッパ近代ガラス美術館学芸員)
武田 厚(多摩美術大学客員教授、美術評論家)

■展覧会
会期:2021年7月10日(土)~10月3日(日)
会場:富山市ガラス美術館

■主催 富山ガラス大賞展実行委員会、富山市、富山市ガラス美術館

◇富山ガラス大賞展2021公式ウェブサイト
https//: www.toyama-glass.jp

富山ガラス大賞2021募集ポスター
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ