プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Dongguan Library

東莞に関する2つの最新ニュースが同市の包括性を反映し、人材を魅了することに寄与

AsiaNet 84669 (1073)

 
【東莞(中国)2020年7月6日新華社=共同通信JBN】最近、中国の東莞に関するローカルニュースが中国メディアから広く注目を集めた。その1つは東莞図書館の移住労働者が残したメッセージで、インターネットで同市の文化と精神についての熱い議論を引き起こした。もう1つは東莞の食文化についてのドキュメンタリー放送「東莞のひとくち(A Bite of Dongguan)」で、人々のより良い生活への追求を喚起した。

中国湖北省出身のWu Guichun氏(54)は東莞で働いて17年になる。彼は家族を支えるために熱心に働き、子どもの大学院修了を支援したが、最近は感染症の影響を受けて失業してしまった。彼は帰郷前に東莞図書館に立ち寄り、自分のメッセージを残した。

Wu Guichun氏はメッセージボードに次のように書いた。「私は東莞に17年住み、この図書館で12年、本を読んでいる。本は人を賢くし、誰にも害を与えない。東莞での私の生活の年月を思うとき、最良の場所は図書館だ。私はここから離れたくないが、東莞図書館よ、私はあなたを生涯、決して忘れないだろう」

Wu Guichunは移住してきた地方労働者として本と東莞への愛着を示した。そしてそれは中国のネット市民からの関心と、現地政府からのタイムリーな反応を受けることになった。彼は関連部局の支援を受け、新しい仕事のチャンスを見つけたのである。

統計によると、東莞の恒久的な移住民の人口は2019年末で約600万人で、同市の総人口の70%以上を占めている。東莞のXiao Yafei市長は2020年に開催された2回の東莞市議会で、雇用の安定と人々の生活の保護に重点を置くことが、今年を通して求める2つの主要目標になると述べた。

Wu Guichun氏によると、東莞には優れた都市環境があり、移住労働者に親切である。同市では誰もが等しく自由で高品質な公共文化サービスを享受することができ、それが彼の精神生活を豊かにし、知識を広げる助けになっている。

何人かの社会観測筋の考えによると、経済の悪化に対処するための重要な措置の1つは、ビジネス環境と生活の質を最適化する方向で教育、医療、生態環境、公共サービスといった面での人々の生活を改善することであり、それによって市場の組織と住民は幸福を感じ、利益を得ることができる。これは市場の活力を刺激し、中国経済の回復を助ける優れた方法である。

「2019年中国都市の事業環境報告(2019 Business Environment Report of China’s Cities)」によると、中国で経済が活発な都市の中で東莞は5位にランクされている。実効性のある国際的ビジネス環境を構築するため、東莞はグローバルな生産要素を引き付けるオープンで包括的な都市文化の創出に重点を置いている。

一方、ドキュメンタリー「東莞のひとくち」が放送されており、東莞の130種類を超える現地食材と料理が紹介されている。陽気なキャストとストーリーのシリーズを通し、伝統文化と現在の文化、そして地場文化と他の文化を統合する独自の人間的な環境が明確に示されている。このドキュメンタリーが公式に公開されたのは6月21日のことで、7月1日現在、2700万件のレビューと多数の肯定的コメントが寄せられている。

このドキュメンタリーの制作チームは、中国南部の沿岸部の都市である東莞は、その発展の過程で1600年にわたって中国北部からの大規模な移住者を引き付けたと述べた。こうした移住者が彼らの食習慣と現地の特徴を一体化し、バラエティー豊かな食を形成した。

「製造の時代(The Era of Manufacturing)」と題されたドキュメンタリーが示すのと同様に、人は常に東莞市の中核であり、その包括性と品質に寄与する主な要因である。第1話「素晴らしい労働者(The Marvelous Workmen)」では、現地の工場労働者の物語を伝えて東莞の産業における人間の力を強調している。

何人かのネット市民は、発展した製造業は東莞に「世界の工場」としてのラベルを貼ったと述べた。世界からの訪問者は陝西麺や広西米粉(ビーフン)、新疆グリルや広東網焼きカキ、韓国焼肉や日本食といったごちそうを購入し、その全ては東莞の食文化をさらに包括的にしている。中国で伝染病の広がりが抑制される中、消費状況の「バロメーター」として知られるケータリング産業は通常に戻りつつある。この時期におけるこのドキュメンタリーの放送は、消費を推進して経済回復を促進する上でも大きな意味を持つものだ。

食べ物は人の心を温かくする。このドキュメンタリーにより、一層多くの人々は有名な製造都市の人情の厚さを理解することができる。食事は生活への人々の愛と東莞の包括性をはっきりと示している。これはWu Guichun氏が「東莞では心がやすらぐ気持ちになる」と述べた通りである。この包括的な都市は投資、仕事、生活をする一層多くの投資家、ビジネスマン、労働者を引き付けるだろう。

ソース:Dongguan Library

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ