プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Apromore

オープンソースのプロセスマイニング・ベンダーApromoreがシリーズA資金調達で684万豪ドルを調達

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007071719-O1-d06vhhMd

 
AsiaNet 84639(1064)

【メルボルン(オーストラリア)2020年7月7日PR Newswire=共同通信JBN】オープンソース・プロセスマイニングテクノロジーの大手開発企業Apromoreは7日、ドイツのビジネスプロセス管理専門企業GBTECが主幹事を務めるシリーズAラウンドで684万豪ドル(400万ユーロ)を調達したと発表した。シリーズAラウンドには、メルボルンに拠点を置くコンサルティングテクノロジー企業Leonardo、およびスピンオフに先立ちApromoreの育成をサポートしたメルボルン大学からの出資も含まれている。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200702/2847280-1
(写真説明:左から、マルチェロ・ラローザCEO兼共同創業者、共同経営者兼共同創業者のマーロン・ドゥーマス教授、チーフアーキテクト兼共同創業者のサイモン・ラボーツィ博士、チーフデータサイエンティスト兼共同創業者のイリア・ベニッチ博士)

シリーズA資金調達で、Apromoreは製品開発能力を強化し、ロボットプロセスマイニング、規範的プロセス分析、自動化された意思決定最適化などAI駆動の自動プロセス改善の領域に手を広げることができるようになる。ガートナーの2019年プロセスマイニング・マーケットガイドによると、「(Apromoreは)、競合他社よりもモデル拡張のためのインテリジェントサポートと予測分析にかなり重点を置いている」。(注1)今回の資金調達により、Apromoreはこれまでの成功を足掛かりに、市場での地位をより一層確固たるものにすることができると見込まれる。

Apromoreの最高経営責任者(CEO)、マルチェロ・ラローザ教授は「Apromoreはビジネスプロセス管理とプロセスマイニング分野における10年に及ぶ研究・開発を継承しており、Apromoreの製品にはプロセスマイニング用の最先端アルゴリズムを詰め込んでいる。今回の資金調達で、 AI駆動の自動プロセス改善分野における最新の研究とイノベーションを製品に組み込むことにより、競争優位性の維持が可能になる。また、商用オープンソース・ビジネスモデルを通じたプロセスマイニングの民主化という使命を追求し続けることができる」と強調した。

今回の資金調達は、GBTECとの戦略的パートナーシップと連動している。このパートナーシップにより、GBTECはビジネスプロセスのモデリングと自動化のためのBICプラットフォームのコアコンポーネントとして、Apromoreのプロセスマイニングテクノロジーを提供することになる。

今回の出資と戦略的パートナーシップについて、GBTECのグレゴール・グレインキーCEOは「ApromoreをBICプラットフォームに統合することで、ライフサイクルプロセス全体を最適化してデジタルトランスフォーメーションの旅を加速させようとしている企業にワンストップショップを提供することができる。ApromoreがBICプラットフォームにもたらす分析機能は、パーフォーマンスの低いプロセス、リワークループ、無駄、ボトルネックを特定する上で非常に優れている。両社が手を組むことで、市場で最高の分析・AI駆動プロセス最適化ツールを確立することができると確信している」とコメントした。

Leonardoのマネジングディレクター、アダム・マトン氏もApromoreの潜在的可能性について「Apromoreは、実際の現状プロセスの自動化された発見から、ライブデータに基づく予測プロセスモデリング、さらには統合ロボットプロセス発見、スクリプト、自動化を含む将来の方向性まで、革新的なAI駆動のプロセス改善をリードしている。発見・分析の時間を劇的に短縮し、大規模データセットを迅速に分析、特定の問題や根本原因を掘り下げて優先度の最も高い改善点を決定する能力に、顧客はわくわくしている」とコメントした。

メルボルン大学工学部長のマーク・キャシディ教授も「これは、世界クラスの研究を商業的イノベーションに変えるというメルボルン大学工学部の強いコミットメントを明確に示すものだ」と述べた。コンピューティング・情報システム研究科長のウーベ・アイケリン教授は「このスピンオフの成功は、本学で行われている研究の質と妥当性を証明するものであり、世界クラスのコンピューティング研究拠点としての本学の地位を際立たせるものだ」と付言した。

Apromoreは、メルボルン大学、タルトゥ大学(エストニア)、および世界中の他の研究機関での10年以上にわたる広範な研究とイノベーションの成果である。

ガートナーの免責事項
ガートナーは、調査出版物に記載されているベンダー、製品、サービスを推奨しているのではなく、テクノロジーユーザーに、最高評価またはその他の評価をされたベンダーのみを選択するよう勧めてもいない。ガートナーの調査出版物は、ガートナーの調査組織の意見で構成されており、事実の記述と解釈されるべきではない。ガートナーは、商品適格性や特定の目的に対する適合性の保証を含む、本調査に関する明示的または黙示的な一切の保証を拒否する。

▽Apromore Pty Ltdについて(https://apromore.org/about/
▽GBTEC Software + Consulting AGについて(https://www.gbtec.com/company/
▽Leonardoについて(https://www.leonardo.com.au/about
▽メルボルン大学について(https://about.unimelb.edu.au/

▽問い合わせ先
Marcello La Rosa
Tel.: +61 3 8344 9887
E-Mail: info@apromore.com

(注1)https://www.gartner.com/en/documents/3939836/market-guide-for-process-mining 

ソース:Apromore

画像添付リンク
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=366694
(写真説明:左から、マルチェロ・ラローザCEO兼共同創業者、共同経営者兼共同創業者のマーロン・ドゥーマス教授、チーフアーキテクト兼共同創業者のサイモン・ラボーツィ博士、チーフデータサイエンティスト兼共同創業者のイリア・ベニッチ博士)

左から、マルチェロ・ラローザCEO、マーロン・ドゥーマス氏、サイモン・ラボーツィ氏、イリア・ベニッチ氏
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ