プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

ドローンプラットフォーム「docomo sky」の新機能および新料金プランの提供を開始

~お客さまの用途に応じた最適な機能と料金プランを選択可能に~

2020年7月6日
株式会社NTTドコモ

 

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドローンを業務で利用するあらゆる企業のお客さまに幅広くご利用いただくことを目的として、ドローンプラットフォーム「docomo sky®※1」に、ドローンから撮影した静止画や動画を閲覧しやすくする機能やAIを活用した鉄塔のサビの自動検知機能など、新たに5つの機能を2020年7月6日(月)から追加いたします。また今回の機能拡張に合わせて料金プランも見直し、従来の1プランからお客さまの用途や使用頻度に応じて選択可能な3つの料金プランに変更して提供いたします。

 

 新たに提供開始するのは、高層建造物等の静止画を高度や方角ごとに整列させて表示する「バーティカルビューワー」、撮影動画を管理・確認することが可能な「動画ビューワー」、ドローンの操縦者がタブレット端末からの簡易な操作でドローンをコントロールできる「鉄塔点検アプリ(高層建造物点検用)※2」、撮影映像を多拠点へ同時中継できる「ライブ配信アプリ※2」の4つの機能です。さらに鉄塔の保守作業向けのオプション機能として、ドローンで撮影した鉄塔の画像からAIを活用して自動でサビを検知する「AIサビ検知」も新たに提供いたします。

 

 今回の5つの機能拡充により、鉄塔を含む高層建造物点検や橋梁点検における業務の効率化や点検品質の平準化、災害対策における遠隔地からの安全かつ迅速な被災状況の確認など、幅広い分野においてドローンをさらに活用いただくことが可能となります。

 

 また、新機能提供開始にあわせて料金プランを見直し、これまで1種類のみ提供していた基本プランをさまざまなニーズに合わせた3プランへ拡充します。新たな基本プランでは、docomo skyの基本機能を月額8,000円からご利用いただける「ライト」、基本機能に加え、バーティカルビューワーやライブ配信アプリを月額55,000円でご利用いただける「スタンダード」、さらにドローンの機体数や利用頻度の多いお客さま向けに月額330,000円でご利用いただける「エンタープライズ」の3プランから、お客さまの用途やご利用頻度に合わせて最適な料金プランをご選択いただけるようになります。

 

 ドコモは、さまざまな産業分野のパートナーとの協業を通じて、安全かつ効率的に多くのドローンを運用するプラットフォームの実現をめざしています。今後もドコモは、docomo skyのサービス拡充を通じ、インフラの老朽化や高齢化社会による労働人口の減少などの社会課題解決に取り組んでまいります。

 

※1 「docomo sky(ドコモスカイ)」は、ドローンを活用してビジネスを展開する企業向けにドローン運用をトータルにサポートするサービスです。ドローンとプラットフォームをモバイルネットワークで常時接続することで、複数台の自動飛行、目視外での遠隔操作、機体情報やフライトの管理、撮影画像データ等を取得し管理・分析を行うまでの一連の運用についてWEB上での管理が可能となります。

※2 「ライブ配信アプリ」「鉄塔点検アプリ(高層建造物点検用)」におけるドローンの推奨機体は、DJI JAPAN 株式会社が提供する「Mavic2Pro」となります。

※ 記載の料金は全て税抜価格です。

 

*「docomo sky」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

 

 

別紙

 

 

ドローンプラットフォーム「docomo sky」新機能および新料金の概用

 

 

1.新機能の概要

(1)バーティカルビューワー

 ドローンで撮影した高層建造物等の静止画を高度や方角ごとに整列させて表示します。

 高度の高い静止画から順番に上下に表示し、同じ高度上で撮影した静止画を方角ごとに揃えて横に並べることにより、画像確認作業の効率向上に寄与します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O4-I266cMID
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O5-WHb66b70

(2)動画ビューワー

 ドローンで撮影した動画を管理、確認することが可能になります。

 また、今後の機能追加において動画へのコメント機能を提供する予定です。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O6-7j275CQC】  

※上記画像には「DRONE FIELD KAWACHI」で撮影された画像が含まれます。

 

(3)鉄塔点検アプリ(高層建造物点検用)

  ドコモの基地局点検で培ったノウハウを活用した、ドローンの操縦者が簡易な操作でドローンをコントロールできるタブレット端末向けアプリ(以下、鉄塔点検アプリ)です。鉄塔点検アプリ上で高層建造物の高度やドローンとの距離などを事前に設定することにより、ドローンの準自動飛行※1や自動撮影が可能となります。
 また、鉄塔点検アプリを通して、現場からdocomo sky上へ撮影画像のアップロードが可能となるため、遠隔地にある事務所に点検内容を共有することができます。本アプリの活用により、鉄塔だけではなく、さまざまな高層建造物の点検品質の平準化を実現できます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O7-66wlmWIi

 

(4)ライブ配信アプリ

 ドローンで撮影した映像を多拠点へ同時中継できるタブレット端末向けアプリ(以下、ライブ配信アプリ)です。ライブ配信アプリを活用することで、ドローンで撮影した現場の状況を遠隔地でも把握することが可能になります。docomo skyの管理画面上から撮影映像を確認できるだけでなく、過去の映像をアーカイブ視聴することも可能です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O8-Qd6qteb2】  

 

(5)AIサビ検知

 鉄塔の保守作業向けの機能として、ドローンで撮影した鉄塔の画像から自動でサビを検知するAI解析を提供いたします。これにより、鉄塔の点検時に一次点検として問題ない箇所を先に除外するスクリーニングや錆び具合のAIでの自動検知・解析が可能となります。AIサビ検知では、ドコモが開発した画像認識技術※2を活用してサビの有無を検知可能な「鉄塔サビ検知」と、Automagi株式会社とのAPI連携により、サビの有無だけでなく、サビの劣化度も画像認識で検知可能とする「AMY INSIGHTサビ検知」の2種類の機能を提供します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O9-y6237s24

 

2.新機能の利用イメージ

(1)鉄塔点検

 鉄塔の高度やドローンとの距離などを事前に設定することで、ドローンの準自動飛行、自動撮影が可能となります。撮影後はSDカードをタブレットに差し替えることで、事前に設定したフライト計画に紐づいた高度や角度の情報をもとに撮影した静止画を自動分類し、docomo sky上にアップロードします。

 点検者はweb画面を通じて、各撮影角度からの画像を高度ごとに確認できます。また、鉄塔点検アプリを活用し、点検実施現場から静止画をアップロードすることで、現場から離れた事務所等にいる点検者に画像を共有することが可能となります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O10-9nqdBE0u

 

(2)災害対策

 災害現場など人が立ち入ることが困難なエリアの状況をドローンにより撮影し、ライブ配信アプリを活用することにより、安全かつ迅速に災害対策本部等から災害状況を把握することが可能となります。また、ライブ配信アプリは多拠点に同時配信が可能なため、災害対策本部だけでなく、現場事務所、避難所など、さまざまな拠点から PC やタブレット、スマートフォンを通じて災害現場の映像を同時に確認することができます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O11-yKw0H87n

 

 

 

3.提供形態および新料金プラン

 「提供プラン利用型」と「受託利用型」の2つの提供形態から選択いただけます。

 

(1)提供プラン利用型

 あらかじめ設定された料金プランからお客様に最適なプランを選択いただきます。

<基本プラン>

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202007061679/_prw_PT1fl_e1XPnn66.png

 

 

 

<解析オプション>

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202007061679/_prw_PT2fl_m257vTDb.png

   

(2)受託利用型

 受託利用型は、個別のご要望に応じて、提供条件をカスタマイズしてご提供する形態です。

 「提供プラン利用型」で示されている条件以上のご利用が想定される場合、ご利用条件に応じたご利用料金にて個別にお見積りいたします。

 

4.新機能および新料金プラン提供開始日

 2020年7月6日(月)

 

5.対象

 法人・自治体のお客さま

 

6.受付窓口

 全国のドコモ法人営業担当

 ドコモのホームページ法人のお客さまページ(https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

 docomo skyサービスお申込みページ(https://core.docomosky.jp/

 

7.サービスサイトURL

 https://www.docomosky.jp/

 

※1「ドローンの準自動飛行」とは、点検対象建造物の0m地点からドローンの上昇下降を自動で行うことです。

※2ドコモの「画像認識技術」の一部は、NTTグループのAI「corevo®」を構成する技術です。【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007061679-O12-lyl8jfaH

※3 解析オプションのご利用料金は従量制となります。

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ