プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

キッコーマン株式会社

「キッコーマン 本つゆ 塩分・糖質オフ」リニューアル新発売!

~濃厚な旨みと深いコクで、おいしく“塩分・糖質オフ”ができる万能調味料~

7月6日
キッコーマン株式会社

キッコーマン食品株式会社は、8月17日に、塩分と糖質を40%カット(*1)した濃縮つゆ「キッコーマン 本つゆ 塩分・糖質オフ」を、全国でリニューアル新発売します。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007021586-O2-ZL8F04ZW

 「キッコーマン 本つゆ 塩分・糖質オフ」は、塩分と糖質を40%カット(*1)した濃縮4倍のつゆです。かつお節、まぐろ節、いわし節、そうだかつお節、羅臼昆布の5種類のだしに、だしの風味を引き立てるしょうゆを合わせました。だし原料は国産100%です。だし原料を当社の通常の濃縮つゆ(*2)の1.5倍以上使用することで、これまでより濃厚で深いコクと旨みのある味わいにしました。だしとしょうゆの豊かな風味で、“塩分・糖質オフ”をしながら、深い味わいの料理がつくれます。

 

通常の濃縮つゆと同様に、めんつゆとしてはもちろん、炒め物や煮物などの主菜、炊き込みごはんや

丼ものなどの主食、和え物などの副菜など、幅広いメニューにお使いいただけます。アレンジレシピは、

店頭やホームページなどで紹介します。

 

近年、「人生100年時代」に向けて、健康寿命の延伸に注目が集まるなど、健康に対する意識が高まっています。また、厚生労働省が今年1月に告示した「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、ナトリウム(食塩相当量)の目標量が、成人男女共に引き下げとなりました。しかしながら実際の1日当たりの食塩摂取量は、減少傾向にはあるものの、まだ目標量と3g程度乖離があります(*3)。

また、当社の調査によると、減塩タイプの濃縮つゆについて、「味が物足りない」「1本で味が決まら

ない」「だしが効いていない」という不満があることがわかりました。

 

塩分だけでなく糖質もカットした、濃厚で深いコクと旨みのある味わいの「本つゆ 塩分・糖質オフ」で、お客様の「気軽に“塩分・糖質オフ”に取り組みたい」「塩分や糖質を減らしながらも、料理を味わいよく仕上げたい」といったニーズにお応えします。

 

(*1)「日本食品標準成分表2015」めんつゆ三倍濃厚から換算(糖質は炭水化物の栄養成分値にて比較)

(*2)「キッコーマン 濃いだし 本つゆ」

(*3)2020年1月に告示された厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、成人のナトリウム(食塩相当量)の目標量が、1日当たり0.5g引き下げとなり、男性7.5g未満、女性6.5g未満となりました。一方で、厚生労働省「国民健康・栄養調査(平成30年)」における成人の1日当たりの食塩摂取量は、男性11.0g、女性9.3gでした。食塩摂取量は年々減少しているものの、まだ目標量と3g程度の乖離があります。

 

1.品名及び内容量、価格                         (単位:円 消費税別)

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103831/202007021586/_prw_PT1fl_h1cKSz6P.png

※上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な価格設定をなんら拘束するものではありません。

 

2.発売日 2020年8月17日

3.販売地域 全 国

4.消費者お問い合わせ先 キッコーマンお客様相談センター TEL 0120-120358

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ