プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

デジタル広告運用において、 データ統合×AIで事業成果を最大化する「X-Stack」の本格提供開始

2020年7月6日

株式会社電通デジタル

電通デジタル、デジタル広告運用において、
データ統合×AIで事業成果を最大化する「X-Stack」の本格提供開始
―オン/オフ統合データを活用した高水準のAI予測モデルでLTV向上―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、デジタル広告運用において、オンライン/オフラインを統合したデータをもとにAI・機械学習で事業成果の予測モデルを構築し、マーケティング施策を最適化するソリューション「X-Stack(クロス・スタック)」を、本格的に提供開始しました。

近年、デジタル広告は、技術の進化に伴いWebサイト上の行動に基づく高精度なユーザーターゲティングが可能になりました。しかし、Webサイト上でのコンバージョン後の店舗来店、成約、LTV(顧客生涯価値)までの企業が保有するオフラインでのCRM(顧客関係管理)データを取り入れたターゲティングは難しく、オンラインとオフラインの分断によって適切なデータ活用ができないという課題に直面していました。

そのような背景から電通デジタルでは、2018年10月にカスタマーデータプラットフォームの導入、デジタル広告、CRMの企画・運用など一連のサポートにおける知見や実績を活かし、広告効果を最大化させる「X-Stack※1」を開発、運用開始しました。具体的には、予測LTV(pLTV:predicted Life Time Value)を指標とし、Webサイト上の行動データと企業のCRMの両データを統合したマーケティングデータ基盤を構築。それをもとにAI・機械学習を用いて来店率や成約率などの事業KPIの予測モデルを開発し、広告配信やメールマガジンの出し分けなどの各施策に適用します。これにより企業は、事業成長の重要指標の一つであるLTV向上に直結させた広告運用を実施することができます。また、Google との取り組みにより、既存顧客へのターゲティングの改善にとどまらず、媒体仕様の研究に基づいた入札への反映機能も装備し、新規顧客の集客施策にも適用可能です。これまでに小売・自動車メーカー・金融等クライアントの8企業で実装を完了し、5%~15%の改善の成果を挙げました。

今回の本格提供開始では、より導入頂きやすいよう新たに2つのサービスメニューを開発し、X-Stackの活用幅を広げました。
1つ目は、CRMデータを保有しない企業でも導入できる「X-Stack Entry」です。Webサイトのみで購入・契約が完了する場合や、店舗での購買ログ情報を持ち合わせていない場合でも、オンラインデータのみで事業KPIに近いマイクロコンバージョンの予測モデルを構築し、施策を最適化します。
2つ目は、大手プラットフォーマーとの協業による「X-Stack Premium」です。例えばYahoo! JAPANとの協業により、同社の保有するユーザー属性データと企業のCRMデータを掛け合わせることで、顧客像の立体的な可視化とターゲット層の拡大につなげ、顧客のインサイトに基づいた高次の予測モデル構築、活用が可能となります。
これらX-Stackを通じたデータ活用の最大化により、企業の新規顧客の獲得から既存顧客の育成までを統合したデュアルファネル®※2によるPDCAを推進することができます。

今後も電通デジタルは、X-Stackをはじめ、様々なマーケティングデータを適正に利活用したオンライン/オフラインの統合ソリューションを提供し、広告効果の最大化に向けた支援とクライアント企業の事業成長に貢献してまいります。

【X-Stackと一般的なデジタル広告運用との違い】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202007011507-O1-88KCyhy9

【新たに開発した2つのサービスメニュー】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202007011507-O2-zQ5027a6

※1:X-Stackについて
https://www.dentsudigital.co.jp/service/digitalad/DualFunnel/index.html

※2:2019年2月15日 『電通グループとアドビ、「新規顧客の獲得」と「既存顧客の育成」を一本化する 「デュアルファネルソリューション」の提供で連携』発表資料
https://www.dentsudigital.co.jp/release/2019/0215-000163/

【株式会社電通デジタルについて】https://www.dentsudigital.co.jp/
電通デジタルは、2016年7月に国内電通グループのデジタルマーケティング専門会社として設立しました。デジタルマーケティングの全領域に対して、「コンサルティング」、「開発・実装」、「運用・実行」の機能を持ち、統合的で最先端のマーケティングサービスを提供しています。テクノロジーやデータ、クリエ―ティブなど各領域のプロフェッショナルが、電通グループ各社との連携によりシナジーを創出し、クライアントの事業成長パートナーとしてビジネスの成功に貢 献します。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ