プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

花王株式会社

唇のあれへのアプローチ

リップケア製剤の水分閉塞性と、あれ改善の関係を初めて明らかに

唇のあれへのアプローチ リップケア製剤の水分閉塞性と、あれ改善の関係を初めて明らかに
 
 花王株式会社(社長・澤田道隆)メイクアップ研究所は、汎用の油剤とワックスからなるリップケア製剤の塗膜の水分閉塞性の高さが唇のあれ改善に大きく寄与することを見出しました。
 今回の研究成果は、「The efficacy of a highly occlusive formulation for dry lips (International Journal of Cosmetic Science)」(42, 46-52, 2020)に掲載されました。

背景
 唇は人の体の中でも特にあれを起こしやすい場所です。口腔粘膜と皮膚の境目で皮脂腺がなく、表面を覆う油分が分泌されないことが原因です。そのため唇の角層はほかの皮膚の角層に比べて水分が蒸散しやすく、多くの人が「乾燥・皮むけ」といった悩みを抱えています。
 このような唇のケアには、リップクリームが一般的に使用されます。リップクリームに含まれる成分の唇のあれ改善効果については盛んに研究されてきましたが、一方で、塗膜の水分閉塞性がどのくらい唇のあれ改善に寄与しているのかは明らかとなっていませんでした。そこで、今回、汎用の油剤とワックスを組み合わせて、水分閉塞性の異なる製剤をつくり、その塗膜の水分閉塞性の違いによる唇の乾燥・あれ改善効果を検証しました。

方法
 唇の乾燥が気になる20~39歳(平均28.1歳)の日本人女性20名を対象に、塗膜の水分閉塞性が異なる2つのリップクリームサンプル※1を用意して、試験を行ないました。対象者を角層水分量と経皮水分蒸散量(TEWL)※2がほぼ均等になるように2群に分け、ひとつのリップクリームを、1日4回(朝、昼、夕方、就寝前)を目安に4週間連続して使用してもらいました。試験期間中は、サンプル以外のリップクリームや口紅などを使わず、使用前、2、4週目に目視評価、写真撮影、3D撮影、角層水分量測定を行ないました。
目視評価については、「あれスコア」(図1)と「シワスコア」(図2)の基準をもとに判定しました。また今回新たに、ANTERA 3D画像を取得し、シワカスタムモードから「くぼみ指数」を定量的に算出しました(図3)。
※1 花王の採用する濾紙法で、市販のリップクリームの水分閉塞性を測定した結果は60~90%の範囲に入る。2つのリップクリームサンプルはそれぞれ、この水分閉塞性の低い値と高い値に相当
※2 体内から角層を通じて蒸散する水分量。「数値が高いほど角層のバリア機能は低い」という関係がある
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007031657-O4-NPwppsy8

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007031657-O5-SWJYj9Ry】  
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007031657-O6-7iIA1I7E

結果
 水分閉塞性の高いリップクリーム(高水分閉塞性処方)を使用した群では、「あれスコア」のレベルが2、4週と下がる傾向にあり、4週後には有意に、落屑(皮むけ)がない状態へ向かうことがわかりました(図4)。また「シワスコア」と「くぼみ指数」に関しても、高水分閉塞性処方群では、4週後に有意に変化し、深い縦ジワやくぼみが見られなくなりました(図5、6)。
 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007031657-O7-f86jL237

 さらに、これまでの研究で、あれの程度と最も相関が高いことがわかっている唇の「角層水分量」に関しても、高水分閉塞性処方群は2、4週と有意に増加しており(図7)、見た目だけでなく角層の状態もよくなったことが明らかとなりました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007031657-O8-Ye8p8460

まとめ
 唇のケアには一般的にリップクリームが使用されていますが、今回の検討で、塗膜の水分閉塞性の違いが唇のあれ改善に与える影響が大きいことが明らかとなりました。今後は、この知見をリップケア製剤の開発に応用していきます。

*図4、5、6、7は、International Journal of Cosmetic Science(42, 46-52, 2020)に記載の図を改変

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ