プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社明治

株式会社 明治 北海道における市乳新工場建設に関するお知らせ

2020年7月2日

株式会社 明治

株式会社 明治 北海道における市乳新工場建設に関するお知らせ

 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、北海道において、牛乳を生産する市乳新工場の建設を決定いたしましたので、お知らせいたします。

 当社の北海道における市乳工場である札幌工場と旭川工場は、北海道内および都府県へ市乳製品を供給しておりますが、両工場においては建物や設備の老朽化が進行していることから、北海道における市乳生産体制を再編いたします。再編内容としましては、札幌工場と旭川工場の生産を中止するとともに、新工場を北海道恵庭市に約120億円かけて建設し、2022年6月から順次生産を開始します。これにより、国内最大の生乳生産基盤である北海道において、牛乳の生産体制を強化するとともに生産性向上を実現することにより、事業の競争力強化を図ってまいります。
 また、明治グループにおいては、「明治グループサステナビリティ2026ビジョン」の3つの活動テーマの一つに「環境との調和」を掲げています。これを実現すべく新工場においては、CO2排出削減に向けた太陽光パネルの設置やコージェネレーションシステムの導入、水資源の徹底的な再利用などに取り組みます。
 生活必需品である牛乳の安定供給に加え、サステナビリティへの取り組みも強化することで、持続可能な社会の実現に向け、引き続き事業を通じた社会課題解決に貢献してまいります。

1.新工場の概要
(1)建設予定地
 北海道恵庭市戸磯47番15(恵庭テクノパーク内)
(2)延べ床面積
 約17,000㎡
(3)生産品目
 牛乳
(4)生産能力
 約70,000kl/年
(5)投資額
 約120億円

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202007011541-O1-mQTh772c

2.新工場コンセプト
(1)お客さまおよび従業員の安全・安心を実現する工場
(2)製品の安定供給と生産性向上を実現する工場
(3)地球環境にやさしい工場
(4)多様化を受け入れる工場、働きがいがある工場
(5)地域社会に貢献する工場

3.「環境との調和」に向けた取り組みと目標
(1)CO2排出量の削減
 再生可能エネルギー活用のための太陽光パネルの設置と、電気と熱を同時に発生させエネルギー効率を高めることができるコージェネレーションシステムの導入により、省エネルギーと省CO2を実現し、CO2排出量を既存工場比(※)50%削減を目指す。
(2)水の使用量削減
 洗浄水をより細分化して管理し、水の再利用および節水を徹底することにより、水使用量原単位を既存工場比(※)40%削減を目指す。
 (※)既存工場比:札幌工場、旭川工場の合算比

4.今後のスケジュール
 2020年12月 札幌工場生産中止
 2021年3月 新工場着工予定
 2022年6月 新工場順次生産開始
 2023年3月 旭川工場生産中止

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ