プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

HEVC Advance

HEVC Advanceが実施料の据え置きを発表

AsiaNet 84631

HEVC Advanceが実施料の据え置きを発表

米国マサチューセッツ州ボストン, 2020年7月2日 /PRNewswire- / —

— 2021年よりも前にプログラムに加入したHEVC Advanceライセンシーについては上限額も現行維持

独立系ライセンスアドミニストレーターであるHEVC Advanceは本日、HEVC/H.265プールライセンスの実施料を2021年1月1日から2025年12月31日までの5年間(「初回更新期間」)、現行のまま据え置くと発表しました。

HEVC Advanceは同時に、カテゴリーならびにエンタープライズごとの上限額は2021年1月1日から20%の引き上げが予定されているが、2020年12月31日までにプログラムに加入していて優良な状態にあるライセンシーについては、初回更新期間が終了するまで引き上げを見送ると発表しました。

「IP義務を遵守している企業に対して、ライセンサーの皆様がロイヤルティ料金と上限額の現行維持を決定されたことを大変嬉しく思っています」と、HEVC AdvanceのCEOであるPeter Mollerは述べています。「ライセンサーの皆様のこの決定は、HEVC Advanceプールには実に多くのHEVC特許所有者にご参加いただいていることを踏まえれば特筆すべきことです。2016年の設立時にはライセンサーが6社、必須特許が約500件でしたが、ロイヤルティ料金の引き上げは一切なしに、現在ではライセンサーは29社、必須特許は約11,000件にまで伸びています。」

HEVC Advanceは、まだHEVC AdvanceプールのライセンサーになっていないHEVC標準必須特許の所有者に対して、2020年12月31日までに提出されかつ必須と判定された特許については、特許ポイントの割増という形でまだインセンティブが用意されていると呼びかけています。詳細情報については、HEVC Advancelicensing@hevcadvance.com)までお問い合わせください。

HEVC Advance について
HEVC Advanceは、必須特許をライセンスするためのHEVC/H.265特許プールの展開、運営および管理を主導するために設立された、独立系ライセンスアドミニストレーターです。HEVC Advanceは、HEVC特許技術のための透明かつ効率的なライセンスメカニズムを提供します。HEVC Advanceに関する詳細情報は、www.hevcadvance.comをご覧ください。

連絡先: press@hevcadvance.com

ソース HEVC Advance

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ