プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FarEye

FarEye、物流の実行・協働・可視化の強化にむけてBlue Yonderと提携

AsiaNet 84604 (1046)

【ロンドン、シンガポール2020年6月30日PR Newswire=共同通信JBN】サプライチェーンの予測、計画、管理、最適化を支援する大手予測物流SaaSプラットフォームであるFarEyeは、大手デジタルフルフィルメント・プラットフォームのプロバイダーであるBlue Yonderとの提携を発表した。

この提携によってグローバル企業は、従来型のインフラストラクチャーと、最新のサプライチェーンおよび物流ツールの間のシームレスな相互運用性を推進できるようになる。両者の機能を合体することで、予測とリアルタイムの可視化(https://www.getfareye.com/platform/visibility-eta?utm_source=mail&utm_medium=PR&utm_campaign=FEBYPR )を、製造、小売流通、物流、eコマースにわたるサプライチェーンにもたらす。

この共同ソリューションには、Blue YonderのLuminate(TM)プラットフォームからアクセスできる。Microsoft Azureを搭載したLuminateプラットフォームは、顧客のデジタルサプライチェーン資産全体の豊富な内部および外部データを組み合わせ、よりスマートで実用的な人工知能(AI)および機械学習(ML)ベースのビジネス意思決定を可能にする。

FarEyeの可視化プラットフォーム、運送業者のライブラリー、ラストマイルでの動的なルーティング( https://www.getfareye.com/platform/last-mile-delivery?utm_source=mail&utm_medium=PR&utm_campaign=FEBYPR )ソリューションは、Blue YonderのLuminateプラットフォームと輸送管理機能を下支えし、エンドツーエンドの物流の課題にクラス最高のソリューションを提供する。これらを合わせることで、このソリューションは顧客中心のこの時代で企業が成功を収めることをサポートし、B2CとB2B両セグメント向けの卓越した配送体験と効率的な物品の移動を可能にする。

FarEyeのクシャル・ナハタ最高経営責任者(CEO)(https://www.linkedin.com/in/kushalnahata/?utm_source=mail&utm_medium=PR&utm_campaign=FEBYPR )は「世界的に、物流にかかる支出の約30%は非効率性の解消のためであり、これにより1兆米ドルを節約する機会を生み出している。FarEyeとBlue Yonderは共同サービスによって物流市場をつかむことを目指している。これにより、配送物流での可視化の『ブラックボックス』を無くし、ラストマイルでの卓越した顧客体験を提供する」と述べた。

▽FarEyeについて
FarEyeは、実行と予測を可視化する物流SaaSプラットフォームだ。このプラットフォームにより、企業は自社の物流業務のオーケストレート、追跡、最適化が可能になる。ガートナーから12回以上の表彰を受けるFarEyeは、B2CとB2B両セグメント向けの卓越した配送経験と効率的な物品の移動により、20カ国以上の150を超える企業が顧客中心のこの時代で成功できるようにする。

Logo:https://mma.prnewswire.com/media/1198239/FarEye_Logo.jpg

ソース:FarEye

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ