プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人阪南大学

阪南大学が7月1日(水)より一部対面授業を再開

阪南大学(所在地:大阪府松原市、学長:田上 博司)は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、5月7日(木)から対面授業(大学施設内で行う授業)を行わず、遠隔授業を実施していたが、7月1日(水)より一部の科目から、順次対面授業を再開する。

対面授業を再開する科目については、政府が標榜した「新しい生活様式」に留意しつつ、遠隔授業だけでは十分な教育効果が期待できない基幹的科目から、以下のとおり順次対面授業の再開する。
(1)7月1日(水)~14日(火)
ゼミ等及び情報処理入門科目を開講。
(2)7月15日(水)~7月28日(火)
再開した科目に加え、実技、実習科目や学部のコア科目について、小規模開講を前提に調整のうえ開講。
(3)7月29日(水)~
再開した科目に加え、開講科目を検討する際に開講できなかった科目について、再検討、再調整のうえ開講。

また、対面授業再開に際し、学生・教職員の感染予防対策及び行動履歴把握のため、以下の取組みを実施する。
(1)各キャンパスの入出構場所を1か所に限定。
(2)学生が入構する際には、入口で学内Wi-Fiへの接続確認を実施し、その記録(ログ)で入出構状況を把握。(Wi-Fiの接続状況によって校舎間の移動についても把握することが可能)
(3)遠隔授業も並行して実施しているため、リアルタイムで遠隔授業を受講できる教室を開放。
(4)すべての教室で常時換気を実施。また、授業中は40分毎に5~10分の休憩時間を設定。
(5)密集・密接・密閉を避け、自宅等での検温、マスク必着、手洗い・うがいの励行、ソーシャルディスタンスの確保等「新しい生活様式」を実践し、感染症対策を徹底。

なお、今後の対応についても、政府や大阪府の動向及び府内の感染状況等を踏まえながら、学生、教職員の安全と健康を最優先に、引き続き感染防止対策を十分に講じていく。

阪南大学で実施している「新型コロナウイルス感染症への対応について」の詳細はこちら
https://www.hannan-u.ac.jp/gaiyou/news/2020/n5fenj000002ikwh.html

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ