プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Suncheon City Hall

コロナウイルス患者を支援する富の分かち合いキャンペーンが順天で広がる

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006301445-O1-rso34CLE

AsiaNet 84583 (1032)
 

【順天(韓国)2020年6月29日PR Newswire=共同通信JBN】ソウルの南約415キロの順天市が26日明らかにしたところによると、同市で、コロナウイルス感染拡大により大きな打撃を受けた恵まれない市民を支援するための富の分かち合いキャンペーンが広がっている。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200629/2843483-1

キャンペーンは許錫・順天市長の提案で3月に始まった。市長は 朝鮮王朝 (1392-1910)の裕福な人々からヒントを得た。その富裕層はいわゆる「クォンブン(gwonbun)」運動の下で、貧しい人と財産を分かち合うことで「ノブレス・オブリージュ」を実践したとして称賛された。

順天市は「市長自身からの1000万ウォンを含め、総計104の機関と団体が6億8000万ウォン(56万7186米ドル)を寄付した」と述べた。

寄付を活用して順天市は、COVID-19の拡散による経済的な困窮に苦しんでいる低所得世帯、身体障がい者、多文化世帯や他の恵まれない市民らに配分するために、毎月500から1000の援助パッケージを創設した。

ボランティアの支援で作られる援助パッケージには、コメ、「ラミョン」(即席麺)、干のり、果物とマスクを含む日常必需品が入っている。

ソース:Suncheon City Hall

添付画像リンク先:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=366306
(写真説明:同市の恵まれない市民に配分するために寄付で作られた援助パッケージを分類するボランティア。この資料写真は順天市役所の提供(写真は非売品))

同市の恵まれない市民に配分するために寄付で作られた援助パッケージを分類するボランティア
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ