プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Destination NSW

NSWがFIFA女子ワールドカップ2023(TM)の試合を開催へ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006291397-O1-uLLyfpU4

AsiaNet 84558 (1015)

【シドニー2020年6月29日PR Newswire=共同通信JBN】オーストラリアとニュージーランドがFIFA女子ワールドカップ2023(TM)の開催権を獲得し、世界最大の女子スポーツイベントがニューサウスウェールズ(NSW)州に到来する。

Video – https://cdn5.prnasia.com/video/20200626_DestinationNSW.mp4

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200626/2842256-1
写真説明:シドニー・オペラハウスでFIFA女子ワールドカップ2023(TM)開催国を発表

FIFA女子ワールドカップがオーストラリアまたはニュージーランドで開催されるのは今回が初めてである。シドニーは、決勝戦を含む主要な試合を開催するのにふさわしい立場にあり、具体的な試合日程や会場は今後、発表される。

NSW州のグラディス・ベレジクリアン首相は、「開催権の獲得はNSWにとって大きな出来事だ。この歴史的なトーナメントのため、2023年にNSWに世界最高の女子サッカー選手を迎えることを心から喜んでおり、これは今後数十年にわたり、わが州に極めて大きな文化的、社会的、経済的恩恵をもたらすだろう。これまで未曽有の出来事の1年だったが、今日の発表は大いに士気を高めるものだ。スポーツファンのみならず、より広範なNSWコミュニティーに2023年に心待ちにするものを与え、多くの新たな雇用と機会を創出する」と述べた。

雇用・投資・観光・西シドニー担当相のスチュアート・エアーズ氏は、「トーナメントは世界各地から選手と熱心なファンを引き付ける。今回はFIFA女子ワールドカップが初めて32カ国の選手を呼び物とし、彼らは世界中からサポーターを連れてくるだろう。これはチーム・オーストラリアの真の努力によるものだった。われわれの招致活動は最も強力で、ワールドカップを確保したことは、ニューサウスウェールズを世界的なイベントのために選ばれるデスティネーションであることを改めて確認するものだ。2100万豪ドルを州にもたらすと推測される1万6000人以上の訪問者を呼び込む可能性があり、開催はわれわれの地元観光経済の持ち直しを助ける上で重要な役割も果たす」と述べた。

スポーツ相代行のジェフ・リー氏は、「トーナメントはNSW州全土にわたり女子サッカーの成長支援に資するだろう。これはNSWにとって非常に大きな勝利であり、草の根スポーツが都市と地方でより積極的に参加することを推進する大きな力となる。2023年は、NSWの若い女性たちが手本にしたいと願うロールモデルやヒーローが現れるだろう。このワールドカップがマチルダ(オーストラリア代表の愛称)の次の世代をインスパイアすると確信している。NSWはサッカーが好きで、世界が正にわれわれの裏庭で世界大会を行うのを歓迎することを楽しみにしている」と述べた。

オーストラリアサッカー連盟(Football Federation Australia)のクリス・ニコウ会長は「オーストラリアとニュージーランドで開催されるFIFA女子ワールドカップ(TM)2023はいろいろな意味で画期的なものになるだろう。それは史上初めて両国連合がFIFAワールドカップ(TM)を共同開催し、アジア太平洋地域で開催する最初のFIFA女子ワールドカップ(TM)になるばかりでなく、われわれはアジア太平洋地域の女子サッカーの巨大な成長潜在能力を解き放つ。われわれは当初から招致活動を支援してくれた各政府とオーストラリアの人々に感謝したい。この千載一遇の好機を利用し、女子サッカーがオーストラリアで最も人気のあるスポーツに成長するようNSW州政府と連携することをとても楽しみにしている」と語った。

FIFA女子ワールドカップ(TM)2023は、NSW州政府の「10 World Cups in 10 Years(10年間に10のワールドカップ)」構想の8番目の事例となる。この構想は同州に最大かつ最高のスポーツイベントの幾つかを確保し続ける。

NSWはスタジアム・オーストラリア、シドニー・フットボール・スタジアム、ニューカッスル・スタジアムを提案しており、試合の割り当ては後日発表される。

ソース:Destination NSW

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=366177
写真説明:シドニー・オペラハウスでFIFA女子ワールドカップ2023(TM)開催国を発表

シドニー・オペラハウスでFIFA女子ワールドカップ2023(TM)開催国を発表
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ