プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

キューアンドエー株式会社

会話AIを活用した 「AI電話自動応答サービス 」の提供開始

~“ウィズコロナ時代”の「新しい生活様式」に対応~

2020年6月29日(月)
キューアンドエ―株式会社
ディー・キュービック株式会社

 キューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)と当社のグループ会社でダイレクトマーケティングBPO事業を展開するディー・キュービック株式会社(代表取締役社長:伊柳義之、本社:東京都渋谷区、以下ディー・キュービック)は、キューアンドエーグループとして法人向けに、7月1日(水)より会話AI(人工知能)を活用した「AI電話自動応答サービス」の提供を開始いたします。

 新型コロナウイルス感染症の影響により現在も、社会的にテレワーク(在宅勤務)の推奨や外出自粛が続いています。これにともない、企業のコールセンターでは、顧客からの電話での注文や問い合わせが増加する一方で、対応するオペレーターの出勤制限や安全確保により、十分な受付体制を構築できず、センターの運用に苦慮しているケースが急増しております。

 キューアンドエーグループが提供する「AI電話自動応答サービス」は、このような事業者の課題解決に向けて、オペレーターに代わりAIが顧客からの電話の対応をおこなうサービスです。また、AIによる自動対応だけではなく、顧客が音声で登録した情報の確認・補正をおこなう「バックオフィス」を併設します。バックオフィスの業務は、 スタッフが登録された情報を確認し、誤認識や認識エラーがあれば対話音声を確認し、情報を補正いたします。

 自動応答のシステムは、主に株式会社ソフトフロントジャパン(代表取締役社長:髙 須英司、本社:東京都千代田区)が提供する自然会話AI「commubo(コミュボ)(*1)」を活用し、AI技術と人による確認作業を組み合わせたハイブリッド(複合)型のサービスモデルと、キューアンドエーグループがこれまでのコンタクトセンター運用により培ったノウハウを活かし、顧客対応の完結度を高めていきます。

 キューアンドエーおよびディー・キュービックは、今後も“ウィズコロナ時代”の「新しい生活様式」に対応して、電話窓口の自動化や省力化、テレワーク運用などに関連する新たなソリューションを構築・提供してまいります。

【サービス構成図】
 「AI電話自動応答サービス」・・・キューアンドエーおよびディー・キュービックのコンタクトセンター運用のノウハウを活かし、電話自動応答サービス全体フローの設計、トークシナリオの設計、バックオフィスの運用などを全体的におこなうサービスです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006261353-O3-qYKoa4x4
【サービス提供概要】
 ・提供企業:通信販売、金融、保険、エネルギー関連など、コールセンターを運営する事業者全般
 ・販売予定数:10社(2020年度内)
 ・販売開始日:2020年7月1日より
 ・サービスページURL
  キューアンドエー:https://docs.qac.jp/auto_response
  ディー・キュービック:https://pages.dcubic.qac.jp/auto_response

*1 自然会話AI「commubo(コミュボ)」< https://commubo.com/ >
スマートスピーカーのような一問一答型ではなく、「継続的で」「流暢な」「音声の会話」に対応する会話AIロボット。

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=QM7JIOU72G8
<キューアンドエー株式会社> https://www.qac.jp/
ICTデジタル製品(パソコン、スマートフォン、プリンター、情報家電、通信機器など)に関連して生じる故障などのトラブルや接続、操作や利活用に係る疑問などを解決するICTサポートサービス事業を主たる業務とする。キューアンドエーが提供するICTサポートサービスは「コンタクトセンターサービス」「オンサイト(訪問)サポートサービス」で構成されており、ICTに関するトータルサポートサービスを提供している。自社サービスとしては「機器補償サービス」やAIチャットBot導入とFAQサイト整備支援サービスを展開。最近ではメールや電話・Web会議ツールを活用した「インサイドセールス」も受託・運営。

<ディー・キュービック株式会社> https://www.dcubic.qac.jp/
ダイレクトマーケティング事業者を中心に、24時間年中無休のインバウンド&アウトバウンドサービスやマーケティング支援、フルフィルメントなどのBPOを提供。マーケティング支援は、顧客育成上の課題特定から施策運用・効果検証までをワンストップでおこなっている。

qanda_auto_response

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ