プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TECH BEAT Shizuoka 実行委員会

首都圏スタートアップと静岡県内企業とのビジネスマッチング創出の場 TECH BEAT Shizuoka をオンライン開催

2020年6月26日

TECH BEAT Shizuoka 実行委員会
(静岡県、静岡銀行)

首都圏を中心とした約100社のスタートアップ企業と
静岡県内企業とのビジネスマッチング創出の場
「 TECH BEAT Shizuoka 2020 」を7月15日・16日にオンラインで開催。

7月15日(水)、16日(木)に、首都圏を中心としたスタートアップ企業と静岡県内企業とのビジネスマッチング創出の場「TECH BEAT Shizuoka 2020」をオンライン開催。
約100社のスタートアップ企業が参加見込みです。
新型コロナウイルス対策で世界的に注目されたオードリー・タン氏の基調講演やオイシックス・ラ・大地(株)髙島社長と(株)静岡銀行中西会長との対談など、各界を代表するリーダーの特別セッション、スタートアップ企業のプレゼンテーションなど、豪華プログラムを展開。
ビジネスに新たな気付きを提示し、スタートアップ企業と静岡県内企業との商談を促進します。

1 「TECH BEAT Shizuoka」について
首都圏等のスタートアップ企業と静岡県内企業の協業を促す商談会。トップレベルのICT人材を静岡県内に呼び込み、静岡県内企業が抱える課題の解決や新ビジネスを創出することを目的として開催します。
静岡県と静岡銀行を中心に実行委員会を組織し、令和元年度から実施。
令和2年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止やデジタル社会への変革を促す観点から、オンラインで開催します。

2 開催概要
(1)開催日時 令和2年7月15日(水)、16日(木)
        ※両日とも午前10時から午後6時まで
(2)開催方式 オンライン開催(全コンテンツをオンラインで展開)
(3)主  催 TECH BEAT Shizuoka 実行委員会
(4)後  援 静岡県内全35市町(予定)
(5)参加企業 スタートアップ企業(約100社参加見込み)、静岡県内企業
(6)参 加 費  無料
(7)主な内容 基調講演、パネルディスカッション
        協賛企業・スタートアップ企業によるプレゼン
        参加型コンテンツ(チャット機能等を用いたインタラクティブなコンテンツなど)
        個別商談会(静岡県内企業とスタートアップ企業との個別商談)
(8)申 込 先 「TECH BEAT Shizuoka 2020」オフィシャルサイトの以下のURLからお申し込みください。
         https://techbeat.jp/tech-beat-shizuoka-2020/

3 令和元年度開催実績
(1)TECH BEAT Shizuoka(令和元年7月に静岡市駿河区のグランシップで開催)
   来場者数/来場社数 3,300人/1,086社
   当日商談数      328件
(2)TECH BEAT Shizuoka for Agri(令和2年3月にオンラインで開催)
   ※農業分野に特化したTECH BEAT Shizuoka
   視聴者数(アーカイブ含む) 1,685人
   当日商談数            69件

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ