プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

合同会社西友

「スパーク2022」のモデル店 西友、高野台店、富士見ヶ丘店を改装、6月25日に同時グランドオープン

生鮮食品、惣菜、プライベートブランド、価格、オムニチャネルを強化

2020年6月25日
合同会社西友

〝地域のみなさまに、良いものを安く″の実現に向けた中期事業計画「スパーク2022」のモデル店
西友、高野台店、富士見ヶ丘店を改装、6月25日に同時グランドオープン
生鮮食品、惣菜、プライベートブランド、価格、オムニチャネルを強化

 合同会社西友(東京都北区 社長兼最高経営責任者 リオネル・デスクリー)は、西友高野台店(東京都練馬区)、富士見ヶ丘店(東京都杉並区)を改装し、6月25日(木)にグランドオープンします。

 西友は、〝地域のみなさまに、良いものを安く″をより高いレベルで実現するために、2019年に中期事業計画「スパーク2022」を発表しました。この実現のために、「お客様がもう一品買いたくなる差別化の実現」「フレッシュへのこだわり」「オムニチャネルのポテンシャルを解き放つ」「EDLC (エブリデー・ロー・コスト)」を柱とし、生鮮食品、惣菜、プライベートブランド、価格、店舗、オムニチャネルのそれぞれを戦略的に強化しております。高野台店と富士見ヶ丘店は、これらのフォーカス分野を強化したモデル店舗として、改装オープンいたします。

 西友では、「スパーク2022」モデル店舗である高野台店、富士見ヶ丘店の好事例を今後の改装に生かし、店舗ごとに価格や重点商品を見直すことで、より地域に根ざした店舗運営を実現してまいります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006251286-O3-0vA0fCJs

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006251286-O2-Kn6v2Q2q

 
■高野台店・富士見ヶ丘店の改装の特徴
【生鮮食品】
契約農家から直送の青果の取り扱いを拡充。契約農家さんの顔写真や野菜作りに懸ける想いを売場に掲げることで安心・安全をアピールし、また、木目調の什器を使用することで、ナチュラル感や鮮度感を感じられる売場となっています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006251286-O1-r2q9vZ84

オーガニックコーナ―を新設し、楽天株式会社が運営する農業サービス「Rakuten Ragri」が手掛ける有機栽培の生鮮野菜を取り扱い、高まる食に対する安心・安全のニーズに対応してまいります。

【惣菜】
惣菜売場、ベーカリーのコーナーでは、壁に温かい色味の素材を使用し、出来立て、作り立てを演出します。売場では出来立て/焼き立てボードで主力商品の出来あがり時間をお知らせします。

【プライベートブランド商品/ウォルマート調達網活用の輸入商品】
ウォルマートのグローバル調達網を駆使し、西友でしか買えない商品をエンドコーナー化しました。西友の親会社のウォルマートのプライベートブランド「Great Value」のオリーブオイルや、英国のウォルマートのグループ会社ASDAの人気プライベートブランドのチョコレートなどをはじめ、ウォルマートのグローバルな調達力を活用した、品質が良くお求めやすい価格の商品を品揃えします。

消費者テストで支持率80%以上を得たもののみを商品化する西友のプライベートブランド「みなさまのお墨付き」のシーズン商品を集積し、エンドコーナー化します。

【価格】
お客様の毎日の生活を支えるため、必需品のお買い物を地域で一番安く提供することを目指し、価値ある商品をより低価格で提供します。

店舗に入ってすぐのウエルカムスペースやメイン通路では、お客様にスペシャルな価格の安さを強く訴求するために、インパクトのある赤のサインや什器を使用しています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006251286-O5-H610g7gZ

作業の生産性や照明効率を向上させることで、価格への投資につなげます。
段ボールのままの陳列、投げ込み陳列やミルクコンテナ陳列などを多用し、品出しの効率性を高めます。
照明の明るさに濃淡をつけることで、商品の演出や見え方にフォーカスをしながら、同時に照明効率を高めています。

【オムニチャネル】
昨今、特に需要が高まっているネットスーパーのニーズに対応するため、楽天株式会社と共同で運営する「楽天西友ネットスーパー」では、配送キャパシティーを拡大し、お客様のご希望の時間に注文商品を届ける努力をしております。高野台店、富士見ヶ丘店でもネットスーパーを展開しております。

【快適な買い物環境】
お客様自身でお支払いをしていただくセミセルフレジを導入し、お待たせしないレジを目指します。

店長からの手書きのメッセージボードをサッカー台コーナーに掲出し、定期的な更新で地域のお客様とのコミュニケーションを深めてまいります。

■店舗概要
西友高野台店概要
住 所:東京都 練馬区 高野台1-20-1 西武池袋線 練馬高野台駅 北口から徒歩8分
売場面積:1,522㎡
駐車台数:59台
営業時間:年中無休 24時間営業
フロア構成:1階 食料品と日用品
店長名:尾鷲 宏明

西友富士見ヶ丘店概要
住所 :東京都杉並区高井戸西2-10-13 京王井の頭線 富士見ヶ丘駅 北口から徒歩4分
売場面積:1,420㎡
駐車台数:14台
営業時間:年中無休 24時間営業
フロア構成:1階 食料品、2階 生鮮食品、日用品
店長名:田中 浩

■中期事業計画「スパーク2022」について
西友の中期事業計画「スパーク2022」では、「地域のみなさまに、良いものを安く」を実現するために、以下の4つの柱を掲げています。(「お客様がもう一品買いたくなる差別化の実現」「フレッシュへのこだわり」「オムニチャネルのポテンシャルを解き放つ」「EDLC」)この柱に沿って、価格、惣菜、生鮮食品、プライベートブランド、店舗、オムニチャネルを戦略的に強化し、お客様の毎日のお買い物がより豊かで便利になるように貢献してまいります。

「スパーク 2022 」をお客様への約束として表現したものが、以下に掲げる「お客様への約束」です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006251286-O4-pA797euH

公式HP:http://www.seiyu.co.jp/pb/
公式Twitter:https://twitter.com/SEIYU_PB/
西友企業情報:https://www.walmartjapanseiyu.com/
西友Facebook:https://www.facebook.com/walmartjapanseiyu/

<お客様への約束:店頭ビジュアル>
契約農家直送コーナーー
西友富士見ヶ丘店
西友高野台店
赤の什器使用のメイン通路エンドコーナー
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ