プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

PMB-Alcen

PMB-Alcenが、臨床試験向けのFLASH放射線治療システム、FLASHKNiFEの発売を発表 

AsiaNet 84491

PMB-Alcenが、臨床試験向けのFLASH放射線治療システム、FLASHKNiFEの発売を発表 

フランス、ぺニエ, 2020年6月25日 /PRNewswire/ — ALCENグループの子会社であるPMBが、臨床試験向けのFLASH放射線治療システム、FLASHKNiFEの発売を発表しました。

PMBでのFLASH製品の歴史は長く、2011年以降からの取り組みです。FLASHモードで電子を加速する設計のLINACのプロトタイプ、Oriatron 6eは、2013年にローザンヌ大学病院 (CHUV) に納入されており、その後まもなく数種の動物種 (ゼブラフィッシュ、マウス、ネコ、豚等) を対象とする前臨床試験結果の発表が開始されました。FLASHは、正常かつ健康な組織を著しく温存する再現可能な効果が証明されています。腫瘍への影響は、試験が実施された腫瘍モデルすべてにおいて同程度を保つという結果となりました。

2019年、CHUVにおいて、当社のOriatron 6e技術を採用した初の対患者FLASH治療が、皮膚難治性リンパ腫患者に対して施され、成功裏に終わっています。この初のケースにより、FLASH治療は実用性が高く、安全であることが証明されました。これは、とりわけ効果的な線量監視システムの成果であったと言えるでしょう (Bourhis他、『Radiother Oncol』 2019年)。

CHUVとのFLASHに関するこの合同実験の成功により、FLASH放射線治療向けに特化した設計のデバイスであるFLASHKNiFEの開発が実現することとなりました。この装置により、皮膚がん治療や術中放射線療法 (IORT) 等の臨床応用において高線量の放射能の投与が可能となります。このシステムは、可動ベースに搭載された超高線量率のLINACで構成されています。使いやすさ、柔軟性、FLASH線量モードが提供されるこのシステムでは、正確な設定および監視を行うことが可能です。PMBは、最初の臨床プロトタイプをまもなくCHUVに設置する予定にしています。

当社CEO、Marc Delmasのコメント:

「当社がこの画期的な分野におけるパイオニアであるローザンヌ大学病院と協力体制を取るようになって数年になります。FLASHKNiFEはこの分野において画期的な装置であり、臨床応用の開発における適切なツールであると当社は確信しています。今後もFLASH放射線治療の歴史を塗り替えていくことになるでしょう。」

PMB企業情報
PMBは、フランス南部のエクサンプロヴァンスを拠点とする人とのつながりを大切にする企業であり、医療および研究向けの複雑な粒子加速器システムの設計および製造に特化しています。

金属およびセラミック等の異種材料の組み立てを専門に行う企業として出発したPMBは、2000年代後半以来、粒子加速器を統合する複雑なシステムの開発を手掛けています。特筆すべき製品には、院内PET放射性医薬品製造向け自動化システムや、非破壊検査 (高エネルギー放射線写真) および放射線療法向け線形加速器があります。

お問い合わせ先: flashknife@pmb-alcen.com

ALCEN企業情報
ALCENは、防衛およびセキュリティ、エネルギー、医療およびヘルスケア、航空および宇宙、大型科学機器の5分野で事業を行っています。

ALCENは、なによりも自社の製品およびサービスに対して、イノベーションを注ぎ込むという継続的な方針を確立することを目標としています。

これに向けて、とりわけ大規模な社内技術基盤の開発に現在取り組んでいます。ALCENは複数の研究所と密接にコラボレーションを行っています。技術開発およびフィードバックは、1つの分野から別の分野へと体系的に受け渡され、技術は最先端の専門家グループによる専門の研究所で開発されています。

お問い合わせ先: alcen@alcen.com

刊行物
– Maud Jaccard他、『High dose-per-pulse electron beam dosimetry: Commissioning of the Oriatron eRT6 prototype linear accelerator for preclinical use』、 Med.Phys.45 (2)、2018年2月、https://doi.org/10.1002/mp.12713  

– P. G. Jorge、M. Jaccard、K. Petersson他、『Dosimetric and preparation procedures for irradiating biological models with pulsed electron beam at ultra-high dose-rate』、Radiotherapy and Oncology、https://doi.org/10.1016/j.radonc.2019.05.004  

– Vozenin M-C他、『The Advantage of FLASH Radiotherapy Confirmed in Mini-pig and Cat-cancer Patients』、Clin Cancer Res、2018年、https://doi.org/10.1158/1078-0432.CCR-17-3375  

– J. Bourhis、W.J Sozzi、P.G.Jorge他、『Treatment of a first patient with FLASH-radiotherapy』、Radiotherapy and Oncology、https://doi.org/10.1016/j.radonc.2019.06.019

– Vozenin M-C他、『Biological Benefits of Ultra-high Dose Rate FLASH Radiotherapy: Sleeping Beauty Awoken』、Clinical Oncology、https://doi.org/10.1016/j.clon.2019.04.001  

flashknife@pmb-alcen.com,  +33 (0) 442 531 313

ビデオ – https://www.youtube.com/watch?v=_DPp7BWSkEU  
写真- https://mma.prnewswire.com/media/1194007/3D_Device_Image.jpg   
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1193851/FLASHKNiFE.jpg  
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1193852/PMB_Alcen_Logo.jpg 
 

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ