プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CenturyLink, Inc.

CenturyLinkとSAPがグローバルアライアンスをシンガポールに拡大

AsiaNet 84493 (0989)

【シンガポール2020年6月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*CenturyLinkのグローバルネットワークとSAPのマネージドサービス機能を利用し、顧客はより大きなITアジリティーを得る

CenturyLink, Inc.(https://news.centurylink.com/ )(NYSE:CTL)は23日、SAPとのグローバルアライアンスをシンガポールに拡大する契約を締結したと発表した。この拡大により、顧客はSAPビジネス管理ソリューションにサポートされ、CenturyLinkのセキュアなグローバルネットワークに支えられたエンドツーエンドのマネージドアプリケーション、ハイブリッドクラウド機能とエッジ機能にアクセスできるようになる。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/628320/CENTURYLINK_Logo.jpg

CenturyLink Asia Pacificの製品管理・ハイブリッドクラウド・ITソリューションの担当ディレクター、イグナティウス・ワン氏は「シンガポールで企業は、世界有数の最もコネクトされた経済の中で事業展開をしている。組織は世界的規模で差別化するために彼らのデータに依存し、リアルタイムで正確な情報にアクセスすることは成功の必須要件である。このグローバルアライアンスをシンガポールに拡大することは、現地の顧客がCenturyLinkによるアプリケーションサポートを通してネットワークレベルから全てのSAPソリューションにアクセスすることが可能になり、競争優位性を享受できること意味する」と述べた。

CenturyLinkを活用することで、企業はSAP /4HANAを実装するサポートやパブリックおよびプライベートクラウドで展開するSAPソリューションへのサポートといったSAPソリューションとサービス・スイートにアクセスできる。こうした機能は企業がハイブリッドIT環境全体で行う実装を支援するよう設計されている。

SAP Singaporeのマネジングディレクター、アイリーン・チュア氏は「危機が広がる中、テクノロジーは企業が経済の不確実性を乗り切るのを助ける上で重要な役割を果たす。CenturyLinkとの拡大されたパートナーシップは、中断を最小限にして事業の継続性を支援し、シンガポールの企業の役に立つという意味でこれまでになく重要である。このような例のない時期にシンガポールの顧客の変革と転換を支援し、インテリジェントエンタープライズを実現することは、このコラボレーションは信頼されるわれわれのSAPパートナーエコシステムをまさに証明するものだ」と述べた。

▽キーポイント
*CenturyLinkはSAPに認定されたグローバル・プラチナパートナーであり、リセラーである。
*CenturyLinkはファッション、製造、リテール、自動車、ヘルスケア、金融サービス、ハイテクといった非常に多くの産業にわたるITサービス組織の一環としてSAPに関するグローバルな専門知識を有する。

▽追加資料
*CenturyLinkがどのようにSAPをサポートするかについては(https://www.centurylink.com.sg/hybrid-it-cloud/sap-ecosystems.html )を参照。
*TapestryがSAP S/4HANAへの移行での関連で、どのようにしてCenturyLinkを使って複雑な企業ワークロードを管理したかを知るには(https://news.centurylink.com/2019-10-30-Tapestry-Drives-Improved-Agility-Leveraging-CenturyLinks-Extensive-IT-Services-Expertise )を参照。
*アジアの大手農業関連産業が市場投入時間を短縮するため、リアルタイム分析機能においてSAPとCenturyLinkをどのように活用したかを知るには(https://news.centurylink.com/2019-06-24-CenturyLink-SAP-and-Wilmar-Consulting-Services-Team-Up-to-Drive-Digital-Business-Growth-for-Wilmar-International-Limited )を参照。

▽CenturyLinkについて
CenturyLink(NYSE:CTL)は、世界中の顧客にハイブリッドネットワーキング、クラウド接続、セキュリティソリューションを提供しているテクノロジーリーダーである。CenturyLinkは、広範なグローバルファイバーネットワークを通じて、安全で信頼性の高いサービスを提供し、企業や消費者の増大するデジタル需要に対応している。CenturyLinkは、ネットワーク化された世界を繋ぐ信頼できるオペレータとしての取り組みと、ユーザーエクスペリエンスを向上させる技術の提供に力を注いでいる。詳細はhttps://news.centurylink.com/ を参照。

▽SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えている。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAP(SAP(R))システムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与している。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進している。よりシンプルになったSAPの技術により、企業は円滑に、その目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになる。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業の顧客が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、変化に常に適応し、差別化を実現している。顧客、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献している。より詳しい情報はwww.sap.com を参照。

ソース:CenturyLink, Inc.

▽問い合わせ先
CenturyLink: Darryn Lim
67688085
darryn.lim@centurylink.com

Ying Communications (a FINN Partners company)
Danial Cheah (91888024)
またはSyafiq Rahman (96878410)
centurylinkprasia@finnpartners.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ