プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

LTI

LTIがアマゾン ウェブ サービスを使用してSAPベースの企業にAccelerated Migration Programを開始

AsiaNet 84501 (0993)

【ムンバイ(インド)2020年6月23日PR Newswire=共同通信JBN】世界的な技術コンサルティングとデジタルソリューションの企業であるLarsen & Toubro Infotech(BSE code:540005)(NSE:LTI)は23日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を使用するSAPの顧客を対象とするAccelerated Migration Programを発表した。このプログラムの一環として、LTIは同社のインテリジェントで自動化された移行促進プラットフォームとサービスを活用し、顧客がSAP(R)、ERP、SAP S/4HANA(R)、その他のSAPワークロードをオンプレミスからAWSに移行することを支援する。

より迅速なAWSへの移行を可能にするため、このプログラムは産業分野すべての企業にDiscovery Module、Build and Deployment Module、Validation Moduleを提供する。プログラムのアドオン・コンポーネントはSAPプロファイラー、SAP S/4HANA向けアナライザー、SAP HANA(R)コンプライアンス向け自動コード修正、Security Moduleとテストシナリオならびにテスト事例の膨大なレポジトリーを備えたSmart Testingモジュールから成る。

LTIの技術、メディア、消費者担当でデジタル&アナリティクス責任者のシッタールダ・ボーラ最高業務責任者は「LTIは非常に複雑なSAP顧客の環境全体でAWSクラウドトランスフォーメーションを可能にしている実績がある。AWSと協力することにより、当社は高度な自動化アプローチを活用しながら中枢部をデジタル化し、その専門知識を他のSAP顧客への提供に役立てることができる」と述べた。

LTIはAWS SAPコンピテンシーのステータスを獲得し、それによりLTIはAWSパートナーネットワーク(APN)においてSAP環境のAWS移行で認定された技術的専門性と顧客の実装成功の実績を持つアドバンスドコンサルティングパートナーになった。

Accelerated Migrationの専門知識はSAPソリューション向けAWSクラウド移行の機能的・技術的側面におけるLTIの知識の深さが最高水準であることを映し出している。LTI自体は非常に大規模で長期にわたるSAPの顧客であり、同社内のSAPシステムをAWSに移行した。

LTIはSAPの顧客であり、AWS SAPコンピテンシーパートナーであり、そしてSAPのグローバル戦略サービスパートナーであることから、AWSに移行するすべてのSAP顧客にとって理想的なパートナーである。LTIのSAPソリューション向けAccelerated Migration Programはインフラコストを下げると同時にアジリティー、顧客体験、イノベーションを向上することによってSAPベースの企業を迅速に移行、転換する。

2019年10月、LTIはAPNプレミアコンサルティングパートナーの1つであるPowerup Technologiesを買収し、同社のクラウドコンサルティングとデジタルトランスフォーメーションの能力を強化した。LTIはこのほど、Industry Innovation Partner of the Yearとして2020 SAP Pinnacle Awardを受賞した。

▽LTIについて
LTI(NSE:LTI)は世界的な技術コンサルティングとデジタルソリューションの企業で、420超の顧客が融合を進める世界で成功することを支援している。32カ国で事業を展開するLTIは顧客のために先を見て、顧客のモバイル、ソーシャル、アナリティクス、IoTとクラウドの旅路を可能にするLTI Mosaicプラットフォームを使ってデジタルトランスフォーメーションを加速する。当社はLarsen & Toubro Limitedの子会社として1997年に創立され、そのユニークな伝統がもたらす比類のない専門知識により、すべての産業の企業が抱える最も複雑な難題を解決する。3万人以上のLTI社員チームは当社の顧客がビジネスとテクノロジーの運用効率性を改善するとともに、その顧客、従業員、株主に価値をもたらすことができるよう日々活動している。より詳しくはhttp://www.Lntinfotech.com を参照するか、@LTI_Globalのフォローを。

▽LTIとつながろう:
*当社のニュースは(https://www.lntinfotech.com/news-events/ )を、ブログは(https://www.lntinfotech.com/blogs/ )を参照。
*Twitter(https://twitter.com/LTI_Global )とLinkedIn(https://www.linkedin.com/company/l&t-infotech )で当社のフォローを。
*Facebook(https://www.facebook.com/LarsenToubroInfotech/?hc_ref=SEARCH&fref=nf )で当社に「いいね!」を。
*YouTube(https://www.youtube.com/user/LarsenToubroInfotech )で当社ビデオの視聴を。

ここで述べられたSAPと他のSAPの製品とサービス、それぞれのロゴはドイツならびに他の諸国のSAP SEの商標または登録商標である。追加の商標情報と通告についてはhttps://www.sap.com/copyright を参照のこと。ここに述べられた他のすべての製品名とサービス名はそれぞれの企業の商標である。

▽追加情報
*LTI Wins 2020 SAP(R)Pinnacle Award as the Industry Innovation Partner of the Year(LTIがIndustry Innovation Partner of the Yearとして2020 SAP(R)Pinnacle Awardを受賞)(https://www.lntinfotech.com/news-event/lti-wins-2020-sap-pinnacle-award-as-the-industry-innovation-partner-of-the-year/
*LTI to Acquire Powerupcloud Technologies(LTIがPowerupcloud Technologiesの買収へ)(https://www.lntinfotech.com/news-event/lti-to-acquire-cloud-consulting-firm-powercloud/
*LTI Unveils Intelligent Enterprise Solutions for SAP S/4HANA(R)(LTIがSAP S/4HANA(R))向けのインテリジェント・エンタープライズソリューションを発表)(https://www.lntinfotech.com/news-event/lti-unveils-intelligent-enterprise-solutions-for-sap-s-4hana

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1044154/LTI_Logo.jpg

ソース:LTI

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ