プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hengtong Group

新たなHengtongのメガワットエネルギー貯蔵プロジェクトがグリッド接続

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006231193-O1-8Eibf1e5

AsiaNet 84496 (0990)
 

【蘇州(中国)2020年6月23日PR Newswire=共同通信JBN】Jiangsu Hengtong Energy Storage Technology Co., Ltd.が契約した8MWh(メガワット時)のエネルギー貯蔵プロジェクトが逆送電に成功し、最初の試みで成功裏にグリッドに接続された。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200623/2838473-1

新エネルギー産業革命の中核的技術の1つであるエネルギー貯蔵技術は、デバイスまたは物理的な媒体を適用し、緊急時の使用に備えてエネルギーを貯蔵する。電力需要が最低水準の時にエネルギーを貯蔵し、グリッド負荷のピーク時にエネルギーを放出する。この方法で、新エネルギー発電の変動を克服することが可能である。

この140平方メートルのプロジェクトは380Vの低電圧グリッド接続を利用する。発電所は2MW/8MWhのエネルギー貯蔵システムを適用し、これには断熱、耐食、耐震、耐水の各機能を備えた40フィートの標準コンテナ4基が含まれる。各コンテナの容量は500kW/2MWhである。

このプロジェクトは、一旦稼働を開始すると、需要曲線の平坦化、緊急の電力供給、容量管理、負荷追跡、柔軟性の高い逆電力保護などインテリジェント・エネルギーの活用と保護のソリューションを提供することができる。

Hengtong Energy Storageの専門的な技術ソリューションと高品質のサービスによって成功したこの接続は顧客から称賛されている。

HengtongのPower Industry Group(電力産業グループ)の総合エネルギー部門に属するHengtong Energy Storageは、総合的なエネルギー利用、マルチエネルギー補完、「インターネット+エネルギー」、その他のエネルギー産業の基盤に基づいている。「マイニング-発電-送電-配電-利用-貯蔵」を事業の出発点ととらえ、同社は主に大型エネルギー貯蔵プロジェクトの研究開発(R&D)、生産、EPC(設計・調達・建設)、運用、メンテナンスおよび投資サービスに従事している。同社はまた、産業、商用および家庭用のエネルギー貯蔵ソリューションと、電力システム、マイクログリッド、分散型太陽光発電、分散型風力発電、太陽光発電およびエネルギー貯蔵、エネルギー監視、産業と建設の省エネルギー、マルチエネルギー補完、地域エネルギー管理などのシステムを提供している。このように、同社は、パワーグリッドと連携しエネルギーサービスの総合的な産業チェーンを構築しようと努めている。

ソース:Hengtong Group

添付画像リンク先:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=365879
(写真説明:Hengton Energy Storage)

Hengton Energy Storage
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ