プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

音声やタッチ操作に対応したインタラクティブなAI受付「おくだけレセプション」を提供開始

~オフィスの受付業務関連の稼働を削減~

2020年6月23日
株式会社NTTドコモ

  株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI®※1」を活用し、タッチ操作だけでなく音声でインタラクティブかつ直感的に操作できるAI受付サービス「おくだけレセプション™」(以下、本サービス)を2020年6月23日(火)より提供開始します。本サービスは、「iPad」と周辺機器を置くだけで簡単に設置することができ、導入企業の規模や利用頻度にかかわらず、月額利用料は1万円※2でご利用いただけます。

 

 今回提供開始する「おくだけレセプション」は、音声で簡単に担当者を呼び出す機能と、シンプルかつ使いやすいタッチ操作で部署や担当者を検索できる機能を搭載しており、オフィスの受付業務および取次業務の効率化や人件費の削減を実現します。また、ドコモ独自のAI技術を活用した「ドコモAIエージェントAPI」の音声認識機能と自然対話機能により、訪問者の抽象的な要求にも対応することが可能で、ディスプレイ上に映し出された案内用キャラクターと自然な会話ができるため、従来の有人受付の温かみを出すことができます。ディスプレイ上の受付キャラクターや背景はカスタマイズすることが可能となっており、各企業の特徴を活かした受付空間の演出や、企業イメージの向上・ブランディングを実現します。

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006221122-O3-SiZx1248】利用イメージ

 

 

 現在日本国内では、働き方改革による業務見直しや新型コロナウイルス感染症流行による対人接触の削減などを背景に、無人受付への需要が増加しております。無人受付導入の際には、専任の受付担当者や高価な受付システムの導入がコストの観点から大きな負担となっている企業もありますが、本サービスは配線工事が不要で、必要な機能だけに絞ったシンプルな仕様となっているため、導入コストと月々の利用料金を抑えることができます。

 

 さらに本サービスは、ドコモの提供する他のサービスとの連携により、さらなる業務効率化を推進することが可能です。具体的には、ドコモの内線通話サービス「オフィスリンク®」と連携することで内線への通話が可能となり、クラウド電話帳サービス「ProgOffice Enterprise」と連携することで、クラウド上の電話帳更新内容にあわせて本システム上の社員情報も自動更新できるなど、人事異動に伴う情報更新作業や運用コストを大幅に軽減することができます。

 

 「おくだけレセプション」は、ドコモの研究開発部門・法人部門が組織横断的に混成チームを構成し、法人のお客さまの課題解決を図る「トップガン®※3」の取り組みにより創出しました。ドコモは、本サービスの提供を通じて、企業の働き方改革や業務効率化の推進に貢献してまいります。

 

 

※1 「ドコモAIエージェントAPI」は、NTTグループのAI「corevo®」の一部である対話サービスです。

   GUIによる簡単な対話の作成や、複雑な対話シナリオが実現できます。

   また、QAリストから対話シナリオを自動生成するFAQ用チャットボットとして、よくある問い合わせの応対に活用できます。

※2 月額利用料の他に初期費用と通信費がかかります。詳細は別紙をご確認ください。

※3 「トップガン」の詳細は、以下のホームページをご確認ください。

   https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/topgun/

 

*「corevo®」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/)【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006221122-O4-f7aA3WdC

*「ドコモAIエージェントAPI」「オフィスリンク」「おくだけレセプション」「トップガン」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。

*「iPad」はApple Inc.の商標です。

 

 

 

別紙

「おくだけレセプション」概要

 

1.サービス特徴

 

(1) iPadと周辺機器を「おくだけ」で簡単設置

iPadと周辺機器をおくだけで簡単に設置でき、携帯回線を活用するため工事不要です。

 

(2) 音声とタッチ操作に対応したインタラクティブな受付

音声による担当者検索機能だけでなく、画面のタッチによる部署や担当者検索にも対応しているため、直感的な操作が可能です。

 

(3)  受付業務にかかわる稼働削減に貢献

女性キャラクターによる音声でのご案内が可能なため、擬似的な人による案内(AI音声案内)対応と人件費削減、対人接触機会の削減を実現します。

また、携帯電話回線を介して外線で直接担当者を呼び出せるため、取次業務の負担を軽減出来ます。

※ディスプレイ上の受付キャラクターや背景はカスタマイズすることが可能です。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006221122-O6-jx2azEL1】 画面イメージ

(4)  ドコモのオフィスソリューションとの連携

①ドコモの内線通話サービス「オフィスリンク」との連携

 ドコモの内線通話サービス「オフィスリンク」と連携することで、内線への通話が可能となります。

 すでに「オフィスリンク」を導入済みのお客さまは、設備構築不要で連携が可能です。

②クラウド電話帳サービス「ProgOffice Enterprise /ProgOffice Enterprise Lite /ProgOffice Flat for オフィスリンク」との連携

 ドコモが「ビジネスプラス」にて提供中のクラウド電話帳サービス「ProgOffice Enterprise /ProgOffice Enterprise Lite /ProgOffice Flat for オフィスリンク」との連携により、クラウド上での電話帳更新内容を「おくだけレセプション」の電話帳に自動的に反映させることが可能です。人事異動などに伴う情報更新作業や運用コストを大幅に軽減することができます。

 すでに「ProgOffice Enterprise /ProgOffice Enterprise Lite /ProgOffice Flat for オフィスリンク」をご利用中のお客さまは、「ProgOffice Enterprise」と「おくだけレセプション」で簡単な設定変更を行うだけで、すぐに連携を開始できます。

 

2.対応端末

 iPad (第7世代)

 

3.提供開始日

 2020年6月23日(火)

 

4.ご利用料金

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202006221122/_prw_PT1fl_u43rAq1o.png

※台座・セキュリティワイヤーや什器手配に必要な費用は含まれておりません。

 

 

5.対象企業

 受付をもつ企業、問合せ対応の必要なホームセンターなど全国の法人企業

 

6.受付窓口

 ・全国のドコモ法人営業担当

 ・ドコモのホームページ 法人のお客さま(https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/)

 

7.サービスホームページ

 https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/okudake_reception/

 

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ