プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Cross Border Consultancy

Cross Border Consultancyの事業開始と諮問会議

AsiaNet 84476 (0978)

 
【香港2020年6月23日PR Newswire=共同通信JBN】Cross Border Consultancy(CBC)は、緊急または複雑な問題に直面している個人と企業の顧客に向けた事業の開始を発表する。

CBCのグループ本社は香港にある。初期段階の投資家はI-OnAsiaで、同社が大中華圏、ロンドン、ニューヨークの事務所でCBCの顧客に対応する。I-OnAsiaの創業者デリク・エルマー氏がこの事業の初代会長を務める。

CBCのチームは法的戦略、企業情報・調査、危機・風評管理の各分野の一流専門家から成る。コンサルタント全員がそれぞれの分野の指導者である。CBC諮問会議には非常に優れた法律専門家である勅撰弁護士のジョナサン・キャプラン氏とジョナサン・ミジリー氏、ロンドンの戦略的コミュニケーションの専門家ロバート・ウィンスタンリー氏が含まれる。I-OnAsiaはCBCの諮問会議にオリバー・ローレンス氏も情報・調査・セキュリティー責任者として指名した。

エルマー氏は声明で「CBCの成長を支援することは非常に楽しみだ。I-OnAsiaは複雑な事業や個人の紛争に対処し、こじれた取引を解決する20年の成功の実績がある。最高度に重要なのは、他者と協力して達成される成功をみてきたことだ。国境を越えた戦略について一世代に一度の発想の転換がみられる。当社のCBC構想はこの過去の着実な基盤の上に築かれる。CBCを組織した主要な各個人はプロジェクトごとに協力した素晴らしい経験を持つ。新しい事業は今、未来の国境を越えた課題の克服を求める顧客に対する本格的な取り組みのしっかりした基盤を提供するだろう」と述べた。

上級諮問委員のジョナサン・キャプラン勅撰弁護士は「われわれは顧客のために、大手企業を通さずに、経験豊富でよく組織された専門家チームへの直接的アクセスの機会を生み出す。法的その他のサービスを提供するやり方の大きな転換は長年の懸案である。この疫病流行以後の環境で、顧客は成果を挙げる必要がある。当社は、単に多額の費用で大規模なチームを投入するのに代わる選択肢を、ようやく市場に届ける。実際、当社はその専門知識、対応、費用、柔軟性、コネクションで比類がない。複雑すぎるものは何もない。当社は直ちに対応でき、必要とあれば、いかなる状況でも、いかなる司法管轄権でも、小さな効率的なチームを組織する能力がある。国境を越える複雑さは全く問題ではない。高度な調査・コミュニケーションの専門技術も大きな優位性である」と語った。

CBCはあらゆる範囲の紛争問題や企業経営、あるいは風評危機にも対応する。CBCは新しい年次サービスも提供し、特に資金洗浄、汚職、詐欺、保健、安全の分野で規制遵守を強化するリスク管理プログラムを監査する。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1193776/Cross_Border_Consultancy_Logo.jpg

ソース: Cross Border Consultancy

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ