プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

千葉ロッテマリーンズ所属選手のプレーを疑似体験できるVRコンテンツ「VR野球」を千葉県内のドコモショップなどに展示

2020年6月22日
株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、5G時代の新たなスポーツの楽しみ方と利用シーンの検証を目的として、株式会社千葉ロッテマリーンズ(以下、千葉ロッテ)に所属する4選手のピッチング、バッティングなどを間近で疑似体験できるVR(仮想現実)コンテンツ「VR野球」を、千葉県内のドコモショップ3店舗に展示いたします。本コンテンツは、新型コロナウイルス感染拡大が収束した後、無料でお客さまに体験いただくことを予定しております※1。また、千葉ロッテのホームスタジアム「ZOZOマリンスタジアム」内の施設「ビーチハウスルーム supported by docomo」※2にも展示され、施設の利用者が体験できるようになります※3。

 「VR野球」は、利用者がヘッドマウントディスプレイを装着することで、千葉ロッテの岩下大輝投手、種市篤暉投手のさまざまな球種・球速※4のピッチングや、荻野貴司外野手、井上晴哉内野手の豪快なスイングを、まるでプロ野球選手と同じフィールドに立っているかのように体験できるコンテンツです。  
 利用者はキャッチャーになりきり、手元のコントローラーをグローブに見立てて全6球の投球キャッチ挑戦し、成功数を競います。
 本コンテンツは、ドコモのグループ会社である株式会社ドコモCSが千葉ロッテの協力により制作したもので、自由視点でのバッティング鑑賞といった新たなVRコンテンツの追加や、将来的には5G技術などの活用も検討されています。

■「VR野球」体験イメージ
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006191077-O3-8YX01o2x

■展示場所(予定)
 ・ドコモショップ海浜幕張店
 ・ドコモショップイオンモール八千代緑が丘店
 ・ドコモショップららぽーとTOKYO-BAY店
 ・「ZOZOマリンスタジアム」内施設「ビーチハウスルーム supported by docomo」

 ドコモは今回の取り組みを足掛かりとし、最先端の通信技術を用いた新たなサービスやコンテンツを野球ファンの皆さまに実際に体験していただくことで、離れた場所にいるファン同士やファンと選手をつないだ感動体験など、新たなスポーツの楽しみ方を創造してまいります。また、今後は野球観戦から得られる感動体験や臨場感を球場のお客さまだけでなく、より多くのお客さまにお届けできるよう取り組んでまいります。

 「VR野球」の概要は、別紙の通りです。

 
※1 体験を開始する際は、ドコモのホームページ内の各店舗ページでご案内いたします。なお、新型コロナウイルスの影響に鑑みて、体験を中止させていただく場合がございます。
※2 「ビーチハウスルーム」は、試合を観戦しながら懇親会などを実施できるZOZOマリンスタジアム内のパーティールームの一つで、今シーズン株式会社ドコモCSが命名権を獲得しました。
※3 「ビーチハウスルーム」の利用開始時期については、千葉ロッテのホームページをご確認ください。
※4 実際の試合と同等の投球をVRコンテンツにて再現いたします。

 

 別紙

「VR野球」の概要

1.概要
 千葉ロッテに所属する4選手のピッチング、バッティングなどを間近で疑似体験できるVR(仮想現実)コンテンツです。利用者はキャッチャーになりきり、手元のコントローラーをグローブに見立てて全6球の投球キャッチに挑戦し、成功数を競います。ヘッドマウントディスプレイを通して、まるでプロ野球選手と同じフィールドに立っているかのような体験が可能となります。

 
2.展示場所(予定)
 ・ドコモショップ海浜幕張店
 ・ドコモショップイオンモール八千代緑が丘店
 ・ドコモショップららぽーとTOKYO-BAY店
 ・「ZOZOマリンスタジアム」内施設「ビーチハウスルーム supported by docomo」

 
3.体験開始時期
 新型コロナウイルス感染拡大を予防する取り組みとして、コロナウイルス影響収束後に体験利用を開始します。

 
4.利用イメージ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006191077-O5-upLsR8fP

 
5.料金
 無料

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ