プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

くら寿司株式会社

第1回くら寿司・トーナメント2020 第14回ポップアスリート星野仙一杯 7月1日より開幕

万全の感染対策で開催 学童軟式野球の全国大会ついに始動 6月20日(土) 開幕を記念した特別試合を開催

2020年6月20日
くら寿司株式会社

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(代表取締役社長:田中邦彦、所在地: 大阪府堺市)が協賛する「第1回くら寿司・トーナメント2020 第14回ポップアスリート星野仙一杯」の地方予選が、7月1日(水)より、開始いたします。開幕に先立ち、6月20日(土)、くら寿司スタジアム堺の こけら落としもかねた開幕特別試合を開催いたしました。

 
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O4-LSh7r5JS
当初、5月2日(土)に、関西地区のチームが集まる開会式をもって大会が開幕する予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、開会式の中止と開幕の延期を決定。全国を目指せる大会が軒並み中止となる中、5月25日(月)の緊急事態宣言の解除を受け、子どもたちに野球ができる機会を与えられればと、開催に向けて検討を重ねました。

「感染症対策のために中止する」という決断ではなく、「万全の対策をしたうえで開催できないか」を考え、子どもたちや保護者、大会関係者の健康に留意し、感染拡大防止に最大限の配慮をすることで、7月1日(水)に開幕する運びとなりました。

6月20日(土)に実施した開幕特別試合では、大阪府内の2チームが対戦。大会開催にあたって定めたガイドラインのモデルケースとして、ベンチ内でのマスク着用やボール等共有物の消毒、円陣、声出し、ハイタッチを避けるなどの感染防止対策を実践しました。

また、特別ゲストとして、元プロ野球選手でアマチュア野球指導者の中村紀洋さんが登場。同時開催したくら寿司スタジアム堺のグランドオープニングセレモニーには「夢は信じれば叶う、諦めずにやれば叶う」と子どもたちにエールを送りました。

試合の結果は接戦の末、1-0で長曽根ストロングスが住之江シャークスに勝利しましたが、最後はお互いの健闘を称えました。およそ2ヶ月ぶりの試合だったという選手は、「久しぶりに試合が出来て楽しかったです」などと感想を述べており、両チームの選手とも試合後は満足げな表情を浮かべていました。

飲食業を展開する当社ですが、次世代を担う子どもたちの健康な発育に寄与すべく、今後も「食」のみならず、「スポーツ」の観点からも頑張る子どもたちを応援していきたいと思っております。

 

【くら寿司スタジアム堺 グランドオープニングセレモニー】
■特別ゲスト 中村紀洋さんコメント(一部抜粋)
「一人でも多く世界に飛び立つような青少年の育成に協力していきたいと考えています。小学生の頃からプロ野球選手になることが夢で、夢は信じれば叶う、あきらめずにやれば叶うというところを見せられたのではと思っています。野球で一人でも多く
プロの世界、メジャーの世界にいける選手の育成を目指したいです。」

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O8-kuiQFx33

■中村紀洋さんプロフィール
大阪府大阪市出身。46歳。渋谷高校では「4番ピッチャー」として甲子園に出場。1991年、近鉄バファローズに入団。”ノリ”の愛称で親しまれ、4番打者として活躍した、大阪が誇るホームランアーティスト。本塁打王、打点王、守備ではゴールデングラブ賞も獲得。その後、中日などでも活躍し、日本シリーズMVPにも輝いた。アテネ五輪では日本代表の4番として銅メダル獲得に貢献。現在、アマチュア野球指導者として活躍中。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O5-tnllb83C

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O2-O7V9ED4U

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O7-bhHc6Eu7

 
【第1回くら寿司・トーナメント2020 開幕特別試合】
長曽根ストロングス 対 住之江シャークス
■感染防止対策を徹底

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O1-187SviH6

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O3-gAFh9qbt
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O6-RO51Fa4F

 
【第1回くら寿司・トーナメント2020 第14回ポップアスリート星野仙一杯 概要】
■主催:NPO法人ヒーローインタビュー  
■特別協賛:くら寿司株式会社
■開催期間:2020年7月~2021年~1月(予定)
■参加チーム:約1,300チーム
■大会スケジュール
7~11月 都道府県予選
9~12月 クライマックス(地区代表決定戦)
※12月5日(土)関西地区代表決定戦(くら寿司スタジアム堺)
1月16日(土)、17日(日) ファイナルトーナメント(静岡県・草薙球場)

■感染防止対策の徹底と大会運営方針について
1.本大会開催にあたり定めたガイドラインに従って、対策を徹底します。
・試合前、後の整列、挨拶はしない  ・ベンチ内ではマスクを着用する
・チーム共有物のこまめな消毒  ・円陣、声出しを避ける 
・ハイタッチは避ける
・球審に渡すチェンジボールは消毒した上で箱等に入れて渡す など
※試合前の事前準備から試合終了後、帰宅後の過ごし方まで、対応のチェックリストを作成し、順守を呼びかけるとともに、試合前、選手やスタッフの健康チェックシートに体温や体調不良の有無を記入してもらいます。
2.感染拡大が再発し、緊急事態宣言が発令された場合は、大会運営を一時中断、感染範囲の規模や長期化が予想される場合は中止も検討します。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O9-aROnXa2J

【くら寿司スタジアム堺 概要】
くら寿司スタジアム堺は、当社がネーミング・ライツを取得し、今年4月にオープンしましたが、緊急事態宣言の発令により使用中止に。5月23日(土)に使用が再開され、本大会の開幕や高校野球大阪府大会の開催などを機に、改めて地域の皆様に当球場について知っていただく機会にしたいと考えています。
■ネーミング・ライツ契約期間:2020年4月~2025年3月
■収容人数:5,000人
(内野スタンド 席 3,000人、内外野芝生 2,000人)
■広さ:両翼 100m・中堅 122m、内野黒士・外野天然芝

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006201087-O10-lmnu308O

消毒
中村さんと子どもたちが夢の対決
検温
メイン画像
始球式
マスク装着
テープカット
キャプチャ
ロゴ
スタジアム
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ