プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Venture Global LNG, Inc.

Venture Global LNGが最高財務責任者としてジャック・セーヤー氏の採用を発表

AsiaNet 84460 (0967)

【アーリントン(米バージニア州)2020年6月19日PR Newswire=共同通信JBN】Venture Global LNG, Inc.は、ジョナサン(ジャック)・セーヤー(Jonathan (Jack) Thayer)氏が最高財務責任者として同社に加わったと発表した。

Logo –
https://mma.prnewswire.com/media/825434/VENTURE_GLOBAL_LNG_INC___Logo.jpg

セーヤー氏は15年以上にわたる財務指導者の経験がある。Venture Global入社に先立ち、セーヤー氏は大手公益事業・電力マーケティング・発電持ち株会社Exelon Corporationの最高財務責任者や、発電およびガス・電力供給、エネルギー管理の各サービスを擁する大手総合エネルギー会社Constellation Energy Group, Inc.の最高財務責任者を務めた。同氏は投資銀行業務においても、最初にSBCウォーバーグ(SBC Warburg)で、次にドイツ証券(Deutsche Bank Securities)で職務を果たした。ごく最近では、セーヤー氏はウッドワード(Woodward, Inc.)のCorporate Operations担当副会長兼最高財務責任者を務めた。

共同最高経営責任者のボブ・ペンダー、マイク・セーベル両氏は共同で「われわれは、ジャック・セーヤー氏を当社の経験豊富な首脳陣に迎えることができて喜んでいる。彼はFortune 500のエネルギー会社2社で最高財務責任者として優れた実績を残している。われわれは低コストのLNG(液化天然ガス)事業を成長させており、当社の財務組織を指導する彼の能力を確信している」と述べた。

ジャック・セーヤー氏は「私はVenture Global LNGに加わり、その将来に貢献できることに興奮している。なぜならVenture Globalは国際エネルギー市場への移行の重要な時期にLNG業界でその存在感を拡大しているからである」と付け加えた。

▽Venture Global LNGについて
Venture Global LNGは資源豊かな北米の天然ガス田から供給されるLNG(液化天然ガス)の長期・低コストの供給事業者であり、現在、ルイジアナ州で年産5000万トンの生産設備を建設中ないし開発中である。年産1000万トンのVenture Global Calcasieu Pass施設は、カルカシュー水路とメキシコ湾が交わる地点に建設中である。年産2000万トンのVenture Global Plaquemines LNG施設は今年、建設を開始する予定で、ミシシッピ川沿いのニューオーリンズ南部に位置する。Venture Global LNGはPlaqueminesに隣接して年産2000万トンのVenture Global Delta LNG施設も開発中である。詳細はwww.venturegloballng.com を参照。

ソース:Venture Global LNG, Inc.

▽問い合わせ先
投資家関係
Leah Woodward
D: +1 202 759-6746
lwoodward@vglng.com

メディア関係
Jessica Wickett
D: +1 202 759-6739
jwickett@vglng.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ