プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Kasowitz Benson Torres LLP

Kasowitzがウッドストック50周年記念フェスティバルを破壊したとして電通を提訴

AsiaNet 84449 (0965)

 
【ニューヨーク2020年6月18日PR Newswire=共同通信JBN】Kasowitz Benson TorresはWoodstock 50, LLCを代表して、国際的な広告・広報大手の株式会社電通グループと特定の系列会社を提訴した。訴えは、電通は、Woodstock 50, LLCがプロデュースし電通が資金調達に同意したWoodstock 50th Anniversary Festival(ウッドストック50周年記念フェスティバル、「フェスティバル」)の破壊に責任があるとしている。2019年8月に開催予定だったこのフェスティバルは、われわれの時代のアイコニックな音楽・文化イベントの1つになるはずだった。

ニューヨーク州裁判所に18日に提出された訴状は、電通が系列会社のAmplifi Liveを誘導して、フェスティバルをプロデュースするとのWoodstock 50との契約に違反し、このイベントをキャンセルするためにその支配権を握ったと主張している。電通は、Woodstock 50の出演者その他との契約を妨害し、Woodstock 50の名誉を棄損し、そのビジネスの可能性に損害を与えた。電通の悪質な行為の結果として、Woodstock 50は被告の言語道断の違法行為に対する懲罰的損害に加え、被った数千万ドルの損害賠償を要求する。

電通がぶち壊しにする前は、フェスティバルは伝説的な1969年ウッドストックフェスティバルの50周年を祝う重要な3日間の音楽イベントとなるはずだった。電通の系列会社であるAmplifi Liveは、フェスティバルのプロデュースを支援するために4900万ドルの資金を提供することに合意していた。イベントの準備段階でWoodstock 50はWatkins Glen Internationalレースウエーのグラウンドの使用を確保し、ジェイ・Z、マイリー・サイラス、ホールジー、 ジャネール・モネイなどフェスティバルに出演する才能あるタレントの優れたラインナップ、ならびにカルロス・サンタナ、ジョン・フォガティなどオリジナルのウッドストックのレガシーなアーティストと契約した。

信じられないほどのタレントと契約したにもかかわらず、電通とその系列会社は-フェスティバルが期待したほど利益を上げないのではないかと懸念したとみられ-フェスティバルを妨害し、1800万ドルを超えるフェスティバル資金を不法に引き揚げ、フェスティバルはキャンセルされたと虚偽の主張を行った。電通はその後、タレントやその他のベンダーに支払われたフェスティバル資金を不当に回収しようと試みることにより、Woodstock 50がフェスティバルを続行できないようにし、フェスティバルのパートナーらがフェスティバルとのビジネス取り決めを断念するよう説得した。さらに、電通はその広大なメディアネットワークを武器にして、Woodstock 50に対する大規模な非難キャンペーンを展開し、フェスティバルを安全かつ成功裏に開催することができなかったと世界に対し誤って伝えた。電通の継続的な妨害の結果、Woodstock 50は代替の資金を調達することができず、フェスティバルを開催する許可を得ることができなかった。

訴状のコピーは要求すれば入手可能。

Woodstock 50を代表するKasowitzチームは、創設パートナーのマーク・E・カソビッツ氏が率い、パートナーのデービッド・E・ロスとアルバート・シェミー・ミシャーン、アソシエートのネファーティティ・J・アレクサンダーとキャロライナ・ディアズマルチネスの各氏が含まれている。

▽Kasowitz Benson Torres LLPについて
Kasowitz Benson Torres LLPは米国有数の法律事務所で、強力な破産/リストラおよび不動産取引慣行に補完された商業訴訟に重点を置いている。Kasowitzはその創造的でアグレッシブな訴訟当事者と厳しい事案に取り組む意欲で知られている。同事務所は幅広い裁判の経験を有し、常に裁判の準備ができており、訴訟のすべての分野において原告と被告の両方を代表する。Kasowitzは顧客の最も困難な法的問題に対し、アグレッシブで革新的なアプローチを追求することにコミットしている。同事務所はニューヨーク市に本社を置き、アトランタ、デンバー、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミ、ニューアーク、サンフランシスコ、シリコンバレー、首都ワシントンにオフィスを構えている。詳細は、www.kasowitz.com を参照。

▽問い合わせ先
Gabriella Schoff
Kasowitz Benson Torres LLP
+1 (585) 350-8512
gschoff@kasowitz.com

ソース:Kasowitz Benson Torres LLP

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ