プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

LTI

LTIが雇員の安全を保証する職場復帰アプリSafeRadiusを発表

AsiaNet 84432 (0956)

 
【ムンバイ(インド)2020年6月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*GDPR準拠のプラットフォームは雇員の福利厚生を支援し、運用効率を向上させる

世界的なテクノロジーコンサルティングとデジタルソリューションの企業であるLarsen & Toubro Infotech(BSE code: 540005)(NSE: LTI)は、産業全体で段階的に職場復帰し、雇員の福利厚生を保証し運用効率を向上させる欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)準拠の職場復帰アプリLTI SafeRadiusを発表した。このアプリは組織内外のさまざまなソースのデータを記録、プロセス、統合、提示することによって、リッチで直感的な運用リスク分析を提供する。

LTI SafeRadiusは、組織がLTIのセルフサービス方式アナリティクスプラットフォームMosaic Lensのロケーションにある情報を分析することを可能にする。これは、優れたアナリティクス、総合的なリポート、日々の決定の可視化を提供する。アプリは、地元政府の基準と健康に関係する国際機関が公布したガイドラインに従っている。このアプリはインドで、アンケートを通じて政府のAarogya Setuアプリに統合され、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との関連でオフィス内外での雇員の福利厚生全般を記録することに役立っている。

このアプリの主要機能には、雇員の福利厚生全般の調査、高リスクプロファイリング、インシデントリポート、着席配分、交代勤務シフト・スケジュール、輸送管理、偶発的な集会のリアルタイムアラート、ホットスポットのハイライト表示、接触追跡などが含まれる。

LTIのサンジャイ・ジャロナ最高経営責任者(CEO)兼マネージングディレクターはこのアプリについて「世界の企業は、COVID-19パンデミックの中で職場復帰を準備する際に難しい課題に直面している。雇員の安全と企業運営の継続性は、常に今回の危機を乗り越える際の最優先事項である。LTI SafeRadiusは、こうした重要な要件に手軽に直感的に対応する技術ソリューションである。このデータ主導型プラットフォームは、企業が最も効率的な形で事業を管理し、雇員の安全と福利厚生を保証するのに役立つ」と語った。

このアプリは、人事、施設、社内連絡のチームが日常報告と重要な地域ニュース・イベントを雇員と共有することを可能にする。マネージャーはほんの数回のクリックで、リアルタイムダッシュボードを通じて包括的業務報告にアクセスすることができる。このアプリはBluetooth接続を使用しており、これによってユーザーはオフィスにいなくてもロケーションサービスを中止することができる。

LTI SafeRadiusは、LTIのテクノロジーおよびデジタル専門技術を活用し、強固なインシデント管理プロセスを構築し、新型コロナウイルスのまん延を抑制することに役立つ。現在、インドのLTI雇員数千人はこのアプリを日常的に使用している。

▽LTIについて
LTI(NSE: LTI)はグローバルテクノロジーコンサルティングとデジタルソリューションの企業であり、420以上のクライアントが収束が進む世界で成功するよう支援している。当社は32カ国で事業展開し、当社のクライアントを支援し、モバイル、ソーシャル、アナリティクス、IoT、クラウドへの進出を実現するLTIのMosaicプラットフォームによってクライアントのデジタルトランスフォーメーションを加速している。Larsen & Toubro Limitedの子会社として1997年に創設された当社は、独自の伝統から比類のない現実世界のエクスパティーズを受け継ぎ、すべての産業における最も複雑な企業課題を解決することができる。3万人以上のLTI社員から成る当社のチームは、クライアントが事業や技術オペレーションの効率を向上させ、その顧客、雇員、株主に価値を提供できるように努めている。詳細はウェブサイトhttp://www.Lntinfotech.com を参照するか、@LTI_Global でフォローを。

*当社のニュース(https://www.lntinfotech.com/news-events/ )とブログ(https://www.lntinfotech.com/blogs/ )を参照。

*Twitter(https://twitter.com/LTI_Global )、LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/l&t-infotech )でフォロー。

*Facebook(https://www.facebook.com/LarsenToubroInfotech/?hc_ref=SEARCH&fref=nf )で「いいね!」を。

*ビデオをYouTube([https://www.youtube.com/user/LarsenToubroInfotech )で参照。

▽メディア関係者問い合わせ先
Shambhavi Revandkar
PR & Media Relations – India
9769509545
shambhavi.revandkar@lntinfotech.com

Karin Bakis
PR & Media Relations – USA
978-998-1578
karin.bakis@lntinfotech.com

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1044154/LTI_Logo.jpg

ソース:LTI

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ