プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トリナ・ソーラー(Trina Solar Co., Ltd)

トリナ・ソーラーが超高出力スマートPVソリューション、TrinaPro Megaを発表

AsiaNet 84415

 
【常州(中国)2020年6月17日PR Newswire】太陽電池モジュールとスマートエネルギーのトータルソリューションを提供する世界有数の企業Trina Solar Co., Ltd (以下「トリナ・ソーラー」または「同社」)は、出力500W超のモジュールを特徴とする超高出力スマートPVソリューションであるTrinaPro Megaのグローバル展開を発表した。製品の選択と統合設計のさらなる改善により、このソリューションはシステム全体のパフォーマンスを向上させ、均等化発電原価(LCOE)を削減する。TrinaPro Megaは、2月のVertex超高出力500W超モジュールのデビューに続くもので、ダウンストリームシステムでのVertexモジュールのアプリケーション向けに最適化されたソリューションを提供するため、500W電力出力時代のさらなる別のベンチマークとなる。

トリナ・ソーラーは2018年、大規模発電所向けスマートPVソリューション「TrinaPro」を発表した。このソリューションは、システム設計とソフトウエアアルゴリズムをベースとし、両面受光および高効率のPVモジュール、スマート追跡システム、信頼性の高いインバーターを統合し、統合サービスとスマートO&M管理プラットフォームを備え、周辺機器(BOS)コストを8%-15%削減し、発電量を3-8%増やす。

ソーラーエネルギーが急速にグリッドパリティに近づくとともに、改良された超高出力スマートソリューションとしての役割を果たすTrinaPro Megaは、既存システムが直面するいくつかのアプリケーションの課題を解決する。TrinaPro Megaは、「TrinaPro」ソリューションに基づき、500W超のパワーモジュール向けの長ストリング・トラッカー(追尾システム)をアップグレードする一方で、Vertexモジュール、トリナ・ソーラーが独自に開発したTCU、スマートトラッキングアルゴリズム、SCADAモニタリングシステムをさらに統合する。TrinaPro Megaは、複雑な地理、不均一な地形、風速によって定義されるさまざまなアプリケーションシナリオに対して、システムの信頼性と効率を確保するためのカスタマイズされたソリューションを顧客に提供する。これまでに、DNV.GLはTrinaPro Megaスマートソリューションのバンカビリティー認定を完了している。

トリナ・ソーラーのイン・ロンファン副総経理兼副社長執行役員は「太陽光発電業界では、年初から500W超の出力が登場しています。業界のパイオニアとして、Vertexモジュールはイノベーションにおけるトリナ・ソーラーの強力な能力を実証し、業界にまったく新しい技術プラットフォームを提供します。さらに、Vertexは新しいテクノロジーの商用化を促進し、600Wへの次期モジュール電力アップグレードへの道を開きます」と語った。

また、「当社はVertexモジュールに基づき、より高度なシステムソリューションへのスマートアップグレードを通じて顧客の価値を高めるためにTrinaPro Megaを発売しました。TrinaPro Megaは、超高出力モジュールのパフォーマンスを高め、LCOEを削減することにより、安定した投資収益をもたらします」と付言した。

画像添付リンク:https://www.trinasolar.com/sites/default/files/tongchuan.jpg
写真説明:30 MW TrinaProスマートソリューションを活用する陝西省銅川にある中国の「トップランナー」太陽光発電プロジェクト

 
トリナ・ソーラー(688599. SH)について

トリナ・ソーラーは、1997 年に創立された太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションの世界有数のプロバイダーです。

同社は、太陽光発電関連製品の研究開発、製造および販売、太陽光発電所の開発、EPC、O&M、スマートマイクログリッド、マルチエネルギーシステムの開発および販売、ならびにエネルギークラウドプラットフォームの運営管理をおこなっています。

トリナ・ソーラーは2018年にエネルギーのIoTブランドを立ち上げ、中国国内外のトップ企業や研究機関と協力して、New Energy IoT Industry Innovation Centerを設立しました。トリナ・ソーラーは知的エネルギーの分野のグローバルリーダーになるべく努力を続けながらパートナーのみなさまと共にエネルギーIoTのエコシステムを構築し、新エネルギーのIoTの革新的な基盤作りをするために全力で取り組んでいます。

2020年6月10日、トリナ・ソーラーは上海証券取引所の科創板(Sci-Tech innovation board)A株市場に上場し、太陽光発電関連製品・システム、および、スマートエネルギー関連の企業としてスター市場に上場した最初の企業となりました。

詳細については、http://www.trinasolar.com/jp をご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ