プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

東京商工会議所

東商けいきょう(2020年4~6月期)集計結果と新型コロナウイルスに関する中小企業100社へのヒアリング

~調査開始以来、業況DIは過去最大の落ち幅・最低の水準~

2020年6月17日
東京商工会議所

 

東商けいきょう(2020年4~6月期)集計結果ならびに 新型コロナウイルス感染症に関する中小企業100社へのヒアリング結果 ~調査開始以来、業況DIは過去最大の落ち幅・最低の水準~

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、東商けいきょう(東京23区内の中小企業の景況感に関する調査)2020年4~6月期の集計結果、ならびに新型コロナウイルス感染症に関する中小企業100社へのヒアリング結果をとりまとめましたので、お知らせします。

【東商けいきょう(2020年4~6月期)調査要領】
▽調査期間:2020年5月22日(金)~6月1日(月)
▽調査対象:東京23区内の中小企業2,726社(回答数:985社(回答率36.1%))
▽調査項目:業況、売上、採算(経常利益)、資金繰り、民間金融機関の貸出姿勢
▽調査方法:WEB、FAXおよび経営指導員による聴き取り
▽ 従業員規模構成:5人以下:423社(42.9%)、 6~20人以下:244社(24.8%)
         21~100人以下:211社(21.4%)、101人以上:107社(10.9%)
※調査結果の解説動画をhttps://youtu.be/fzECv08JM9cよりご覧いただけます。

 
新型コロナウイルスの影響大きく、東京の景況は大幅に悪化。先行きも慎重な見通し。
○業況DIは前期比▲43.4ポイントの▲70.1となった。2006年4-6月期の調査開始以来、最大の落ち幅・最低の水準となった(これまでは2011年4-6月期の前期比▲17.7ポイントが最大の落ち幅、2009年1-3月期の▲58.2が最低水準)。業種別でみると、建設業を除く4業種で調査開始以来、最も落ち込む水準となった。来期の見通しは2.0ポイント悪化の▲72.1を見込み、引き続き新型コロナウイルスの影響を懸念する声が聞かれた。
付帯調査「新型コロナウイルスの影響について」
○新型コロナウイルスにより「影響が生じている」は前期比48.8ポイント増の71.3%となり、「長期化すると影響が出る懸念がある」と回答した24.6%と合計すると前期比20.8ポイント増の95.9%に達した。また、4月8日~5月6日の期間中に出勤を抑制した割合は、全体の58.1%の企業が「5割未満」と回答した。

【新型コロナウイルス感染症に関する中小企業100社への(電話)ヒアリング要領】
▽調査期間:2020年6月8日(月)~6月12日(金)
▽調査対象:会員中小企業100社(製造業:38社、卸売業:14社、小売業:9社、飲食業:3社、建設業:6社、印刷業:4社、情報通信業:7社、運輸業:5社、宿泊・観光業:1社、その他サービス業:13社)
▽調査項目:新型コロナウイルス感染症による業績への影響、各種支援施策の利用状況等
<中小企業の“生の声”>(抜粋)
〇自動車の生産計画が不透明なため、受注見込みが不確実。欧州向けカメラ部品は売上ほぼゼロ。(製造業)
〇緊急事態宣言解除後、夏物は好調だが、暖冬やコロナウイルスの影響で冬春物の在庫が滞留。(アパレル)
〇営業自粛期間の固定費が重荷となっている。営業再開にあたり、感染防止対策に追われている。(小売業)
〇海外駐在員の帰国や日本からの訪問ができず、入出国における協定を速やかに締結してほしい。(製造業)
〇創業以来、無借金で事業を展開してきたが、新型コロナウイルスの影響を受け、融資を申請した。(サービス業) 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ