プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

テンセントクラウド(Tencent Cloud)

Cyber Agent子会社であるCyber Palに所属した「Tele Live」がリリースされました。テンセントクラウドサービスを利用。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006170967-O1-Q4bmKwb4

 
AsiaNet 84412

Cyber Agent子会社であるCyber Palに所属した「Tele Live」がリリースされました。
テンセントクラウドサービスを利用。

【東京2020年6月16日PR Newswire】今週月曜日に、ライブ配信アプリ「Tele Live」がリリースされました。Tele Liveとは、日本の大手企業「Cyber Agent」(TYO:  4751)の子会社であるCyber Palに開発・運営されているアプリケーションである。有名なクラウドサービスプロバイダーであるTencent Cloudは、ライブ配信のソリューションサービスを提供している。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200616/2832056-1

日本では、インフルエンサーがファンミーティングや握手会などの形でファンとの距離を縮めることが多い。しかし、オフライン活動の準備期間が長く、コストも高い。これらの問題に対応するために、Cyber PalはTele Liveを開発した。インフルエンザはアプリ通じてファンミーティングを開催し、ファンと1対1でビデオ通話を行い、通話してないファンも音声なしの状態でビデオを閲覧できる。

Tele LiveはテンセントクラウドのLVB(ライブ配信のソリューション)やTRTC(リアルタイム・オーディオ・ビデオ・サービス)などのサービスを利用して、テンセントクラウドはリアルタイム・ビデオ通話やライブ配信のニーズにも対応している。LVBに内蔵された美顔SDKも、インフルエンザのニーズをしっかり満たしている。これらの製品とソリューションにより、開発のハードルが大幅に下がられ、両方のチームはアプリケーションの開発を1ヶ月余りの時間で迅速に完了した。

「他者のサービスプロバイダーと比較した際に、技術面はもちろんだが、テンセントクラウドチームの圧倒的なサポート力、コミット力に強い印象を残った。今回の連携により、私たちはサービスと製品の高品質を直感した。そして、外注先というよりも、共に戦うチームとしてのコミット力が心に残った。」とCyber Pal CEOの弥重向太郎が話した。

中国では、闘魚(Nasdaq: DOYU)、虎牙(NYSE: HUYA)、快手などの有名なプラットフォームを含み、90%の有名なプラットフォームはテンセントクラウドのサービスを利用している。「オーディオ・ビデオ分野における当社の製品と技術は、多くのお客様に認められています。今後には、業務範囲をさらに拡大し、より多くの日本のお客様に良質な音声・映像サービスを提供していきたいと考えています。」とテンセントクラウドの北東アジア市場責任者の趙剣南が話した。

趙剣南の話によると、テンセントクラウドは日本においてすでにMynet、DMM、Bushiroadなどの大手ゲーム企業およびぐるなびなどにサービスを提供しており、お客様はライブ配信、電子商取引、製造などの業界をカバーしている。

「これまで、日本の現地チームの規模が倍増し、野村総研など大手企業と緊密に連携しています。今年の日本市場での収益は前年比3〜5倍に大幅増が見込まれています。今後、テンセントクラウドはさらに投資を拡大し、より多くの日本企業にサービスを提供していきたい。」と趙剣南が話した。

テンセントクラウドのグローバル事業の展開が加速している。2020年初頭、テンセントは韓国インターネット振興院(「KISA」と略称)の厳格な審査を通過し、韓国市場に正式に参入した。Netmarble、 LineKong  Korea、Gravityを含み、韓国Top 20のゲーム配信会社の半数は、テンセントクラウドと連携しており、関連ゲーム事業もスムーズに推進している。

今までに、テンセントクラウドは東南アジア、日韓、北米、欧州などの国際市場に進出しており、インフラは世界5大陸の26地区をカバーしている。また、53カ所のアベイラビリティーゾーンを運営し、データストレージ規模はEB級を越え、1300カ所以上のノードを世界で展開している。

国際研究機関「Gartner」が発表した最新のクラウドコンピューティング市場報告によると、2019年のテンセントクラウドの世界市場シェアは5位、アジア太平洋地域の4位であり、他のトップのクラウドプロバイダーと比べると、成長率が1位となった。

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ