プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

HAI ROBOTICS

HAI ROBOTICSが世界初のカートンピッキング・ダブルディープ自動ケースハンドリングロボットシステムを発売

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006160929-O1-qwc9iNww

AsiaNet 84367 (0931)

 
【深セン(中国)2020年6月16日PR Newswire=共同通信JBN】自動ケースハンドリングロボット(ACR)システムのパイオニアとして、HAI ROBOTICSはHAIPICKシステムで倉庫保管を自動化する。

HAI ROBOTICSは2020年6月15日、HAIPICKロボットの2種類の新製品を発表した。世界初のカートンピッキングACR HAIPICK A42NとダブルディープACR HAIPICK A42Dだ。

Photo-https://photos.prnasia.com/prnh/20200611/2827446-1-a
(写真説明:稼働中のダブルディープACR HAIPICK A42D)

倉庫のレンタルコストの高騰は、多くの企業にとって大きな問題となっている。倉庫管理者は常に、コスト効率と保管効率が最も高いソリューションを探している。HAIPICK A42Dは、スペースの使用を最適化し、倉庫の保管密度を向上させる世界初のダブルディープACRである。通路の数を50%削減し、保管密度を130%増やすことができる。伸縮式フォークは、奥行きが2列になったダブルディープの棚向けにカスタマイズが可能だ。インテリジェントなアルゴリズムによって、多様なビジネスモデルに対応するよう調整できる。

HAI ROBOTICSの強力な研究開発能力により、当社はHAIPICK A42Dを1年半で開発し、一連のテストに合格した。 2020年3月、最初のHAIPICK A42Dをベースとしたシステムが3PL企業で運用を開始し、肯定的なフィードバックを得た。

Photo-https://photos.prnasia.com/prnh/20200611/2827446-1-b
(写真説明:カートンピッキング ACR HAIPICK A42N)

HAIPICK A42Nは、世界初のカートンピッキングACRだ。これはカートンをトートとしてだけでなくハンドリングユニットとして使用する。3D視覚認識技術によって、コードを必要とせずに品物を識別し、棚をスキャンして迅速な在庫カウントを実現する。マルチサイズのカートンおよびトートのピッキングをサポートし、複数のビジネスニーズに適用できる。ソフトウエアプラットフォームは、ケースピッキングとピースピッキングをサポートするように調整されている。カートンとトートは再利用が可能で、コストを削減する。

▽HAIPICKシステムについて
*自己最適化。インテリジェントな最適化アルゴリズムは、クライアントの業界に適合するように調整されている。時間の経過に合わせて自己最適化を行う。
*高い効率性。保管密度が80%-130%増加。作業効率は3-4倍に向上。
*柔軟性。多様な機器の統合またはカスタマイズされたソリューションをサポート。
*短期のROI。業界をリードする倉庫自動化の投資回収期間。
*迅速な実装。1週間以内に倉庫を自動化、1カ月以内に稼働。
*カスタマイズされたソリューション。 HAIPICKオートメーションを他の技術やソフトウエアプラットフォームと統合する多様なサービス。
*グローバルな特許レイアウト。HAI ROBOTICSは、世界中で発明者とクライアントの利益を保護。

▽HAI ROBOTICSについて
HAI ROBOTICSは、自動ケースハンドリングロボット(ACR)システムのパイオニアであり、HAIPICKシステムによる倉庫の自動化を提供している。2015年の創業以来、当社はSF DHL、BEST Supply Chain、フィリップスなどのクライアントに、高度なロボット工学とAIアルゴリズムにより倉庫業務を最適化し、効率的でインテリジェント、柔軟でカスタマイズ可能なソリューションとワンストップサービスを提供している。詳細な情報は、www.hairobotics.com を参照。

ソース:HAI ROBOTICS

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=363128
(写真説明:稼働中のダブルディープACR HAIPICK A42D)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=363128
(写真説明:カートンピッキングACR HAIPICK A42N)

稼働中のダブルディープACR HAIPICK A42D
カートンピッキングACR HAIPICK A42N
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ