プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

あすか製薬株式会社

~創立100周年を迎えたあすか製薬~「女性のための健康ラボMint⁺」設立

女性のカラダとこころに寄り添うコンセプトムービー「あのころの、私へ。」をウェブサイトに公開

2020年6月16日
あすか製薬株式会社

~創立100周年を迎えたあすか製薬~ 女性特有のつらい症状で悩む方をサポート
「女性のための健康ラボMint⁺」設立 女性のカラダとこころに寄り添うコンセプトムービー
「あのころの、私へ。」をウェブサイトに公開
 

 
 あすか製薬株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山口 隆)は、本日、創立100周年を迎えました。これまで当社が長年にわたり蓄積してきた「女性ホルモン」に関する知見を結集し、女性特有のつらい症状で悩む方に寄り添い、サポートしたいとの思いから、この度、新組織「女性のための健康ラボMint⁺(ミント)」を設立しました。
 一般女性に、女性の体と健康についての正しい情報を知っていただくための第一歩として、「知ることは、自分を守ること。」をキーメッセージに据えたウェブサイト「女性のための健康ラボMint⁺」(https://www.aska-pharma.co.jp/mint/)を開設し、女性が健やかな人生を歩むために、自分の体と心について知ってほしいというメッセージを込めたコンセプトムービー「あのころの、私へ。」(https://www.aska-pharma.co.jp/mint/concept/)を公開しましたのでお知らせいたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O17-vmh5gD7B

女性のカラダとこころに寄り添うコンセプトムービー 「あのころの、私へ。」
キーメッセージ 「知ることは、自分を守ること。」

 

《女性のための健康ラボ Mint⁺ 設立の経緯》
 女性の日々の健康にさまざまな影響を与える「女性ホルモン」。月経周期やライフステージにおけるホルモン変動の影響を受けて、つらい症状を抱える人も少なくありません。しかし、そういった症状は医師や周囲の人に相談しづらく、情報不足から一人で思い悩んでしまいがちです。産婦人科領域を中心に、医療用医薬品を取り扱う当社では、これらの情報を広く提供し女性の健康をサポートすることが、生命(いのち)に関わる企業として取り組むべき重要な使命の一つであると考えています。本年の創立100周年を機に、社会貢献事業として設立したのが「女性のための健康ラボMint⁺」です。

 ■「女性のための健康ラボ Mint⁺」の由来:
 「Mint⁺」は、「身」(ミ)や「未病」(ミビョウ)、「美」(ミ)のヒントとなり、さらに人生の「+α」や色々な広がりに繋がることを願って命名しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O18-Qd01r7qv

 

《社長メッセージ》

女性の健康とともに歩んだ100年、その先へ

 あすか製薬株式会社は、本日、2020年6月16日に創立100周年を迎えました。これまで長きにわたり、私たちを支えてくださった全ての皆様に厚く御礼申し上げます。
 私たちは、1920年の創立以来、ホルモン製剤のパイオニアとして医薬品の創製・提供を続け、なかでも「女性の健康をサポートする会社」として、産婦人科領域に注力してまいりました。
 当社は、さらなる社会の発展のために、女性の健康とライフステージに応じた実り豊かな生活をサポートしていくことが、重要であると考えています。本年の100周年を機に、これを具現化するために立ち上げた組織が「女性のための健康ラボ Mint⁺」です。
 「女性のための健康ラボ Mint⁺」が女性の体と健康についての正しい情報を発信していくことはもとより、多くの女性のよりどころとなれるよう、様々な切り口から活動を展開していきたいと考えております。
 私たちは、これまでの100年の想いを大切に、この先も変わらず女性の健康に寄り添い、「女性のための健康ラボ Mint⁺」を通じて新たな挑戦を続けてまいります。

代表取締役社長 山口 隆 

 

《ウェブサイト「女性のための健康ラボMint⁺」の概要》
■URL:https://www.aska-pharma.co.jp/mint/
■内容:
・「知ることは、自分を守ること。」をキーメッセージに、女性が健康で豊かな人生を送るためのヒントを発信するサイトです。
・女性のカラダや女性ホルモンの基礎知識、ライフステージによる女性ホルモンの変化から引き起こされるつらい症状など、女性の皆さまが必要とする情報や知っていただきたい情報をわかりやすく説明しています。
・あらゆる世代の人に親しまれるやさしいデザインで、ミントカラーを基調に表現しています

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O26-GWaTJzHU
女性のための健康ラボMint⁺(トップページ)

 

《コンセプトムービー「あのころの、私へ。」の概要》
■URL:https://www.aska-pharma.co.jp/mint/concept/
■内容:
 ・女性特有のつらい症状を抱えて、自分を責めたり、我慢したり、自己嫌悪におちいったり、さまざまな形で悩みを抱えている女性たち。でも、自分のカラダについて正しい知識をもつことができれば、カラダもこころも楽になる。そのことを知った“今の私”が、知らなかった“あのころの私”に語りかけていく。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O17-vmh5gD7B
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O20-Xkh5B3Q9
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O25-cKXtPxGp
  

■登場する女性:
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O24-GtoRecPS

  ②更年期の症状を我慢するカフェの女性店員
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O27-6jnBs6P7
 
  ③笑顔の裏で自己嫌悪におちいる女子高生
    【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O22-X5O60uJ1

  ④体調不良を隠して平気なふりをするキャリアウーマン
    【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030509-O23-Yu5T8647

 

《今後の「女性のための健康ラボMint⁺」の取り組み》
 女性のための健康ラボMint⁺では、女性だけでなく、男性にも広く正しい情報を発信することが大切だと考えています。
 今後の取り組みとして、ウェブサイトを中心に「月経のトラブル」「妊娠・出産・産後」「女性に多い症状と病気」「更年期からの女性の健康」などのテーマごとのコンテンツを充実させていきます。また、様々な企業との協働により、新たな価値を生み出していくとともに、社員の持つ知見やアイデアを活かし、女性の健康を応援する活動を展開していきます。

 当社では、社会に果たすべき役割を踏まえ、SDGs(持続可能な開発目標)の17目標の中から、6つの重点目標を掲げて取り組んでいます。本活動では、これまで築き上げてきた産婦人科領域でのプレゼンスを活かし、重点目標のうち、「3.すべての人に健康と福祉を」「5.ジェンダー平等を実現しよう」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」の実現を目指します。

 あすか製薬では、産婦人科領域のスペシャリティファーマとして、女性の健やかな明日のために、より一層の貢献をしていきたいと考えております。

 
<あすか製薬株式会社について>
 あすか製薬は1920年の創立以来、内科・産婦人科・泌尿器科領域に注力するスペシャリティファーマとして、同領域のヘルスケアに関連する製品を提供し、現在もそのラインアップの充実に努めております。
 詳細については、https://www.aska-pharma.co.jp/をご覧ください。
 あすか製薬のSDGsについては、https://www.aska-pharma.co.jp/csr/sdgs.htmlをご覧ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ