プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社LIVE BOARD

LIVE BOARDがOOH業界の独立検証プラットフォーム大手Seedoohとの実証実験に成功

 

LIVE BOARDがOOH業界の独立検証プラットフォーム大手Seedoohとの実証実験に成功 デジタルと同様にDOOHで配信した実績の信頼性向上が可能に

 
 日本初のインプレッションに基づくDOOH(Digital Out Of Home:デジタル屋外広告)アドネットワーク会社である株式会社LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)は、Seedooh Pty Ltd,(以下、Seedooh)の提供する屋外広告向けの独立検証プラットフォーム(Independent Verification Platform、以下:IVP)と自社の広告配信プラットフォームの接続に関する実証実験に成功しました。

 現在、世界においてデジタル広告と同様にDOOHでも代理店・広告主が意図した通りに広告が配信されていることを証明する必要性が高まっており、今後海外からLIVE BOARDのPremium AdNetwork※1への出稿ができるようになる中、こうした需要に応えるため、今回LIVE BOARDではSeedoohの専門家チームと緊密に連携し、SeedoohのIVPの厳格な要件を満たしたうえで彼らのプラットフォームとの接続を検証する実証実験を行いました。

 今後システムのインテグレーションを進めていく予定となっており、商用稼働後はLIVE BOARDのアドネットワークを利用する代理店と広告主は、Seedoohのプラットフォームのリアルタイムかつインタラクティブなダッシュボードを介して、Seedoohが独立した立場で正当性を検証したキャンペーン配信データにアクセスできるようになります。このデータは、国際的に最善とされる保証基準であるSOC2に従って正当性が検証され、DOOHに関連する一連の各種配信データに関して確認・分析することができます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006150885-O2-p7WSx49M】 ▲システム概要イメージ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006150885-O3-0C6MBDbR】 ▲独立検証プラットフォームのダッシュボードイメージ

 これにより、LIVE BOARDは広告主の広告が配信されていることを代理店と広告主に対し独立した第三者によって正当性が検証されていることを証明し、DOOHの広告配信における信頼性向上に貢献いたします。

【Seedooh Pty Ltd, (シードゥー)について】
Seedoohは2017年にオーストラリアで創業し、DOOH及びクラシックOOHにおけるキャンペーン配信を独立した第三者として検証し、レポートするプラットフォームを提供しています。
現在では、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパ、アジアにおいてソリューション提供しています。
Seedoohのシステムに接続されたログレベルのデータは、使いやすいダッシュボードを介し、接続されたネットワークでキャンペーンを行うすべてのバイヤーが利用できます。
現在までに3万件を超えるOOHキャンペーンの検証やレポートプロセスの効率化を行っており、そのスケールは広く実証されています。
https://www.seedooh.com

※1 LIVE BOARDのPremium AdNetworkは、高インプレッションの優れた立地のボードによるネットワークです。時間帯や季節、イベントなどの変化をダイナミックにとらえながら、常に最適なボードを組み合わせ最も効率よくターゲットにメッセージを届けます。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ