プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Changhong

Changhongが広範なハイエンドスマート家電を第127回オンライン広州交易会で披露

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006150883-O1-39Rm58pV

 
AsiaNet 84379 (0935)

【綿陽(中国)2020年6月15日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードする中国の家電メーカーの1つであるChanghongは、6月15日から6月24日まで開催される第127回広州交易会(Canton Fair)で、広範なハイエンド家電製品を世界市場に紹介する。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200615/2830415-1

「Smart Connectivity – Life Simplified(スマートなコネクティビティー、シンプルな生活)」をテーマに、Changhongは新たなオンラインVR(仮想現実)展示ホールを創出し、ビデオ、画像、3D表現によって世界のバイヤーに没入型の視覚体験を提供し、これにより新製品ラインアップをより深く理解することが可能になる。

▽5G+8Kテレビ Q7ART
5Gテクノロジーに裏付けられたChanghong TVは、高速データー転送速度、大容量、省時間の3つの利点を持つ。同社の5G+8Kテレビ、Q7ARTは、テレビを中心とするより広範なIoTデバイスにすぐに接続可能で、家族間、コミュニティー間および都市間の相互接続を実現する。

▽フレームレス・スマートAndroidテレビ
ChanghongのK9とQ6Nは最新のAndroidシステムを備え、視聴者とテレビのスマートコネクションを実現する。ドルビービジョンとドルビーアトモス・システムを搭載した2つのモデルは、消費者に最新の映画館にいるような高品質なサラウンド音響体験を提供する。3辺メタルフレームレスデザインはスクリーン本体比が95%を超え、超ワイドビュー、超大型スクリーンの視聴体験を実現する。

▽Space Pro 2.0 冷蔵庫
Space Pro 2.0冷蔵庫は3DダブルカーブのガラスドアとGLS統合テクノロジーの採用を特徴とする。従来の冷蔵庫に比べ、この製品は本体幅を全体的に11%縮小し、内部スペースは20%増加し、床面積は38%縮小した。Space Pro 2.0はアップグレードにより、庫内の食品に含まれる水分子を活性化し鮮度を保持する。

▽UVCエアコン
Dazzle UVCエアコンは200-280ナノメートルのデュアルLEDランプが配置され、バクテリアのDNA分子をかく乱するナノ規模の抗ウイルスフィルターと共に99.2%の殺菌効率を実現する。このエアコンはセ氏58度の高温セルフクリーニングとカビ除去という特長を持つ。

Changhongは同社最新のカーブスクリーンモニターと商用ディスプレースクリーンの発売も計画している。

Changhongの製品はテレビ、冷蔵庫、エアコン、商用ディスプレースクリーン、小型家電などで、現在100を超す国と地域で販売されている。同社のもう1つのブランドであるCHiQは欧州、豪州、東南アジア、中東、南米の各市場に進出している。同社は多数の研究開発センター、生産施設、販売子会社を世界各地に設立している。

ソース:Changhong

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=365314
(写真説明:Changhongが出展する第127回オンライン広州交易会)

Changhongが出展する第127回オンライン広州交易会
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ