プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

VLAM / ベルギー食肉事務所

アフリカ豚コレラ(ASF)無発症の状態を目指す第一歩 欧州委員会が承認 ベルギーはASFの感染ゾーンを縮小できる

AsiaNet 84373

ブリュッセル, 2020年6月15日 /PRNewswire/ — 5月18日、欧州委員会は、ルクセンブルク州のASF感染ゾーンを縮小するというベルギーの提案を承認しました。野生イノシシにのみASFが発症したこのゾーンは、家畜豚の汚染を防止するためにベルギー当局によって設置され成功しました。「このゾーンの縮小はベルギー産豚肉の輸入を中断していた国々にとって明るい兆候だ」とベルギーの農務大臣のデニ・デゥカルムは述べました。

2018年9月13日に2頭の野生イノシシからアフリカ豚コレラ(ASF)が検出されてすぐに、FASFC(ベルギー連邦フードチェーン安全庁)は、欧州委員会および大臣らとの協議の上、「感染ゾーン」と「緩衝ゾーン」を区画しました。最初の感染ゾーンにいた数頭の家畜豚は、2018年9月27日から10月3日の間に予防のために処分されました。これらの家畜豚から作られた商品はフードチェーンに加えられず、また飼料産業にも使用されませんでした。

実証済みの有効性の評価

感染ゾーンの中では、一連の抑制措置が迅速に導入されました。

・区画制
・死体撤去
・給餌全面禁止
・ゾーン別の特定狩猟規制および過疎化対策の結果、ゾーンⅡ内の野生イノシシは死滅同然
・人および伐採の部分的禁止
・300km以上に及ぶ同心円型フェンス網の設置

ゾーン外並びに家畜群においては、積極的サーベイランスが継続して行われました。影響を受けたゾーン内にASFを閉じ込めておくために、これらの措置が効果的であることが証明されました。ゾーン内で発見された死亡直後のイノシシの死体におけるASF陽性の検査結果は、2019年8月11日が最後でした。その後6回にわたり、死から数ヶ月経過した野生イノシシの残骸(骨)からASFが検出されました。

つまり、ASFがベルギーで初めて検出されてから一年の間に、これらの措置が病気の拡散を抑制しました。この見解は現行の集中的な調査によって裏付けられています。

感染ゾーンの縮小  区画制
そのため、ベルギーは区画されたゾーンを縮小するよう提案しました。この提案は、現在欧州委員会によって承認されています。

縮小(斜線)部は「緩衝ゾーン」(ゾーンI)内の「感染ゾーン」(ゾーンII)の一部に当たり、感染動物は発見されていません。このゾーンで最後にASF陽性のイノシシが発見されたのは2019年2月17日でした。

ゾーン内外における現行の調査および家畜群における積極的サーベイランスにより、ASF無発症の状態への道が開ける。

初めて野生イノシシがASF検査で陽性になって以来、ベルギーは家畜豚および飼育されるイノシシをASF汚染から守ることに成功しています。もし、感染イノシシが全く発見されなければ、ベルギーは2020年秋には再び全ての豚系動物におけるASF無発症の状態を取り戻すことが出来ます。ベルギーの農務大臣であるデニ・デゥカルムは「国をASF無発症の状態に戻すには、我々はまだ警戒し続けなければなりません。これが、最後の豚肉の輸出禁止の廃止につながるでしょう。」と述べました。|

今まで、ウイルスフリーのベルギー産豚肉は消費や輸出に適していたので、EU域内で自由に貿易が行われていました。しかし、EU域外ではベルギー産豚肉の輸入を中断する国もありました。欧州委員会による承認は、これらの国々に対して市場を再開する重要な第一歩となります。

ベルギーで講じられている措置や現状の最新情報に関して:www.fasfc.be/outbreaks-african-swine-fever

ベルギー食肉事務所について

ベルギー食肉事務所は、ベルギー産豚肉および牛肉の輸出事業を調整しています。食肉輸出事務局は、2003年に VLAM(フランダース農産物販売協会)の傘下に設立されました。

詳細

www.europeanpork.eu | www.artofbeef.eu | www.artofmeat.eu
Infographic – https://mma.prnewswire.com/media/1180141/Belgian_Meat_Office_Infographic.jpg

プレス窓口

ベルギー食肉事務所部長 ヨーリス・クネン
+32 476 945 486

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ