プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

早稲田大学

アト秒レーザーによる新たな量子制御法の解明に成功

2020.06.12
早稲田大学

本発表の詳細は、早稲田大学のホームページをご覧ください。
https://www.waseda.jp/top/news/69431

■発表のポイント
・これまで特定の量子状態を選択的に励起することは難しいとされてきた。
・レーザーの波長と強度を制御することにより特定の量子状態を選択的に励起できることを示した。
・量子コンピューターへの応用など、光・量子に関わる研究に寄与することが期待される。

■概要
早稲田大学理工学術院の新倉弘倫(にいくらひろみち)教授、ドイツマックスボルン研究所のS. Patchkovskii博士およびM.Vrakking博士、カナダ国立研究機構のD. Villeneuve博士らの研究グループは、アト秒レーザーと赤外レーザーによる新たな量子制御法の解明に成功しました。
これまで特定の量子状態を選択的に励起することは難しいとされてきましたが、アト秒レーザーと赤外レーザーの波長と強度を制御することで、特定の量子状態を選択的に励起できることを明らかにしました。近年、光と量子に関わる研究は、量子コンピューターや量子通信などの社会への応用が期待される段階になっています。本研究は光と電子の励起に関する基本的なスキームを与えるものであるため、それらにつながる光・量子科学研究の新たな展開が期待されます。
本研究成果は、2020年6月2日(英国時間)に英国物理学会(Institute of Physics, IOP)発行の『Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics』に“Joint Focus Issue on Attosecond Technology(ies) and Science”としてオンライン公開されました。

■論文情報
雑誌名:Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics
論文名:Selection of the magnetic quantum number in resonant ionization of neon using an XUV-IR two-color laser field
DOI:https://doi.org/10.1088/1361-6455/ab82e0

■研究助成
研究費名:科学研究費補助金基盤研究A
研究課題名:アト秒位相分解波動関数イメージング法による新規な量子選択性の研究
研究代表者名(所属機関名):新倉弘倫(早稲田大学)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ